眞子さまと小室さんの結婚は2021年内のいつ?金銭トラブル解決してない!や駆け落ち婚だという声も

婚約が内定している秋篠宮家の長女、眞子さまと小室圭さん。

2人が年内に結婚されるのでは?と報道され話題になっていますね。

この記事では、

眞子さまと小室圭さんが2021年内のいつ結婚するのかやお2人の結婚に対してのSNSの反応などを紹介していきます。

スポンサーリンク

眞子さまと小室さんの結婚は2021年内のいつ?

秋篠宮家の長女眞子さまと、婚約が内定している小室圭さん。

年内に結婚される方向で準備を進めていると、2021年9月1日政府関係者への取材で分かったと報道がありました。

まずは、眞子さまと小室さんの結婚をめぐる動きを紹介します。

出典元:Yahooニュース

婚約発表から4年の月日が流れましたが、“多くが納得して喜んでもらえる状況”という形にはならずの今回の発表でしたね。

2021年も残す所4ヶ月程。

そこで気になるのが、年内のいつ頃お2人が結婚するのかということですよね。

2021年3月26日に開催された皇室伝統の新年行事の一つ「歌会始の儀」。

その中で眞子さまは、
《烏瓜その実は冴ゆる朱の色に染まりてゆけり深まる秋に》
と詠まれたそうです。

烏瓜(カラスウリ)の『花言葉』には『誠実』や『よき便り』などがあるそうで、文春オンラインの記事によると、

今年の10月には共に30歳となり、7月に小室さんが受験するとされる米ニューヨーク州の司法試験の結果が出るのも秋と言われています。  

女性にとって30歳までの結婚は大きな意味を持つはずです。

今年の秋に思いを馳せて、司法試験合格の『よき便り』が来れば、納采の儀を経ずともいよいよご結婚を実現させるという決意が込められた歌なのではないでしょうか

出典元:文春オンライン

とあり、2021年の10月には結婚したいと眞子さまと小室さんのお2人は思っておられるかもしれませんね。

また、読売新聞の記事でも、

コロナ禍の現状も踏まえ、一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」や結婚式などの関連儀式は行わない方向で検討されている。

出典元:読売新聞

と掲載されているため、結婚式などの関連儀式は行わず、10月にお2人が結婚すると言う形になるのが現実的な感じがしますね。

また、小室さんは米ニューヨーク州で就職する方向で調整が進んいるとのことです。

共同通信の記事でも、

一般の結納に当たる「納采の儀」などはせず、眞子さまは婚姻届を提出して皇籍離脱し、渡米して小室さんと生活する見通し。

出典元:共同通信

とあることから、お2人は婚姻届を提出後、眞子さまは渡米し、お2人揃ってニューヨークでの生活を始めるようです。

スポンサーリンク

金銭トラブル解決してない!や駆け落ち婚だという声も

眞子さまと、小室さんが年内に結婚するとわかってから、SNS上では様々な意見が相当数あがっています。

中には、『金銭トラブルはまだ解決してない!』や『駆け落ち婚では!?』などの意見が見られました。

『金銭トラブルが解決していない』という声も沢山ありましたが、『駆け落ち婚だ』という声の方が多かった気がします。

そして、イギリス王室のようだという声も中にはありました。

解決金を支払う意思はあると小室さん側は文書で出していましたが、金銭トラブルが解決することなく、結婚に至った事には少し残念な気持ちもありますよね。

スポンサーリンク

眞子さまは一時金を辞退

眞子さまは小室家を巡る「金銭トラブル」に対する批判を踏まえて、一時金の受け取りを辞退する意向だとのことです。

戦後、結婚に伴って皇籍離脱した皇族女子には全員に一時金が支給されてきました。

そして前例に従えば、眞子さまには約1億3700万円の支給が見込まれていたそうです。

共同通信の記事には、

眞子さま(29)が、婚約が内定している小室圭さん(29)と共に心境を説明される機会を設ける方向で宮内庁が検討していることが1日、同庁関係者への取材で分かった。

秋篠宮さまはこれまで「実際に結婚するという段階になったら、今までの経緯も含めてきちんと話すことは大事だ」と述べていた。

出典元:共同通信

とあったので、眞子さまの口から直接、一時金を辞退される旨などの説明が聞けるかと思います。

SNSでも、

というような声もあり、眞子さまは金銭トラブルの解決なしに結婚するため、一時金辞退という言わばけじめという形を見せたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

眞子さまと小室圭さんが2021年内のいつ結婚するのかや、お2人の結婚に対してのSNSの反応などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

渡米を選び、小室さんのお母さんとも距離を取る事をお2人が決めたのかもしれないなぁと個人的には思います。

“多くが納得して喜んでもらえる状況”でないまま結婚ということなので、今後どうなっていくのか気になるところです。

また詳細が発表されればこちらでも紹介したいと思います。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする