劇場版 アーヤと魔女|公開いつまで?上映期間を予想!

2021年8月27日から、映画『劇場版 アーヤと魔女』の公開が始まりますね。

この作品はスタジオジブリの劇場用映画では史上初めて劇場公開に先んじてテレビ放送された作品で、追加映像を加えて3DSGで劇場公開されます。

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

公開期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画 劇場版 アーヤと魔女公開はいつまで?

映画『劇場版 アーヤと魔女』の公開開始は、2021年8月27日からです。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開されているのかこれといった決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除いて、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

映画『劇場版 アーヤと魔女』もあくまで目安ですが、少なくとも2021年9月いっぱい〜10月中旬くらいまでは上映されている可能性があると思われます。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回で尚かつ、朝早くの上映回だけだったり夜遅くの上映回だけだったりと、上映時間が限定されてしまったりするので注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫ですが、観たければ早めに映画館に足を運ぶのがベストでしょう。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりしますので、お住まいの地域の最寄りの映画館のホームページで確認するか、映画の公式ホームページのシアター情報で確認するのも良いですね。

スポンサーリンク

映画 劇場版 アーヤと魔女あらすじは?

予告

あらすじ

「子どもの家」で育った10歳の少女・アーヤは、なんでも思い通りに、何不自由なく暮らしていた。

そんなアーヤの前にあらわれたのは、ベラ・ヤーガと名乗るド派手な女と、マンドレークという長身男の怪しげな二人組。

アーヤは、彼らの家に引き取られることになる。

「わたしは魔女だよ。 あんたをつれてきたのは、手伝いが欲しかったからだ」

「おばさんが私に魔法を教えてくれるなら、 おばさんの助手になってあげる」

魔法を教えてもらうことを条件に、ベラ・ヤーガの助手として働き始めるアーヤ。

でも、こき使われるばかりで、ひとつも魔法を教えてもらえない。

生まれてはじめて自分の思い通りにならないことを悟ったアーヤは、魔法の秘密を知る使い魔の黒猫・トーマスの力を借り、反撃を始める…..!

出典元:映画『劇場版 アーヤと魔女』公式サイト

キャスト

アーヤ・ツール:平澤宏々路
ベラ・ヤーガ:寺島しのぶ
マンドレーク:豊川悦司
トーマス:濱田岳
アーヤの母親:シェリナ・ムナフ
Mr.ジェンキンス:岩崎ひろし
孤児院園長:木村有里
カスタード:齋藤優聖
フィリス:鈴木花穏
サリィ:石田さくら
孤児院副園長:柊瑠美

スタッフ

監督 – 宮崎吾朗
原作 – ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
企画 – 宮崎駿
脚本 – 丹羽圭子、郡司絵美
アニメーション制作 – スタジオジブリ
制作 – 星野康二、中島清文
制作統括 – 吉國勲、土橋圭介
プロデューサー – 鈴木敏夫
制作・著作 – NHK、NHKエンタープライズ、スタジオジブリ

スポンサーリンク

映画 劇場版 アーヤと魔女SNSでの反応は?

まとめ

★映画『劇場版 アーヤと魔女』の公開は2021年8月27日からになります。

★上映期間はあくまで目安になりますが、少なくとも2021年9月いっぱい〜10月中旬くらいまでは公開されている可能性あり
(ヒットすれば2021年10月いっぱいくらいまでは延長する可能性)

★映画館のホームページで確認するのが確実。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする