竜とそばかすの姫、歌っている人は中村佳穂!天才と評される圧倒的な歌唱力を紹介

2022年7月8日日テレ系列の金曜ロードにて、「竜とそばかすの姫」がいよいよ地上波初放送しますね!

「美女と野獣」の物語を「インターネット空間でやったらどうなるか」(細田監督)というのが、発想の原点の「竜とそばかすの姫」。

キャラクターデザインを「アナと雪の女王」のジン・キムらが手掛けており、公開前からその点も話題になっていましたよね。

そして一番話題になっていたのは、主人公の歌声!

かなりの美声かつ歌唱力で、誰が歌っているの!?ということも話題にあがり注目されていました。

この記事では、

「竜とそばかすの姫」での劇中歌や主題歌などを歌っていた人・中村佳穂さんの歌唱力のすごさを紹介するとともに、ネットの声なども紹介していきます!

スポンサーリンク

竜とそばかすの姫、主題歌を歌っている人は中村佳穂!

「竜とそばかすの姫」の主題歌だけでなく、主人公が歌っている劇中歌も全て主人公である内藤鈴(ないとう すず) / ベル (Belle)を演じている中村佳穂さんが歌っています。

そして「竜とそばかすの姫」の仮想世界〈U〉の中でベルという〈As〉(アバター)の姿となったすず(中村佳穂さん)が歌っている歌や主題歌などのメドレーになっている動画がこちらです。

聞いてみるとめちゃくちゃ歌が上手いですよね。

低音まではっきりとしっかりと耳の奥まで染みいるような歌声。

高い声も細くならずぶれない美しさと力強さがあって聞いていてとても心地いいですね!

ここで補足なのですが、中村佳穂さんがどのような方なのか触れておきます。

中村佳穂さんは、1992年京都生まれのシンガソングライター。
京都精華大学人文学部への入学後、20歳のときに本格的に音楽活動をスタートさせています。

音楽活動を精力的に行っていく内に、「竜とそばかすの姫」の主人公・内藤鈴の声だけでなく、鈴のアバターであるベルの歌も担当することになります。

2022年には資生堂のCMソング『君のひとみは10000ボルト』の歌唱も担当とますます活躍の場を広げています。

2020年にはMacのCMで中村佳穂さんの『アイアム主人公』という曲が使われています。

中村佳穂さん=「竜とそばかすの姫」の歌ってる人とわかると、「MacのCM歌ってる人!?マジで!?」と本当に様々なジャンルを歌いこなせるシンガーなんだと話題になりましたね。

ライブ活動も活発に行っているので、「竜とそばかすの姫」を観てベルの歌に感動した人は中村佳穂さんのライブに参加してみるのもいいと思います。

本当に素敵な声で心に入ってくる歌が多いので今後もどんどん活躍されていくのではないかと思います!

スポンサーリンク

竜とそばかすの姫の主題歌を歌っている中村佳穂の歌声にネットの反応は?

スポンサーリンク

まとめ

「竜とそばかすの姫」での劇中歌や主題歌などを歌っていた人・中村佳穂さんの歌唱力のすごさを紹介するとともに、ネットの声なども紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

映画の予告公開時点で、高い歌唱力のため誰が歌っているのか話題になっていました。

主人公の声やアバターのベルの歌っている人が中村佳穂さんであることが公表されていなかったので、ネットでは誰が歌っているのか予想なども広がっていました。

「竜とそばかすの姫」が公開され、中村佳穂さんが歌っている人であったとわかった後も、すごい歌唱力だと注目され、そして紅白歌合戦にも出場する程一気に知名度をあげました。

私もテレビで紅白での出場シーンを観ていましたが、目が釘付けになるほど素敵でした。

今後もたくさんの活躍を応援しています!

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする