映画 ノイズ|公開いつまで?上映期間を予想!

2022年1月28日から、映画『ノイズ』の公開が始まりますね!

「予告犯」「マンホール」などで知られる鬼才・筒井哲也さんの原作「ノイズ【noise】」を映画化!

公開を楽しみにしていた方も多かったのではと思います。

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

公開期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画 ノイズ公開はいつまで?

映画『ノイズ』の公開開始は、2022年1月28日からです。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開されているのかこれといった決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除いて、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

映画『ノイズ』もあくまで目安ですが、少なくとも2022年2月いっぱい〜3月中旬くらいまでは上映されている可能性があると思われます。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回で尚かつ、朝早くの上映回だけだったり夜遅くの上映回だけだったりと、上映時間が限定されてしまったりするので注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫ですが、観たければ早めに映画館に足を運ぶのがベストでしょう。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりしますので、お住まいの地域の最寄りの映画館のホームページで確認するか、映画の公式ホームページのシアター情報で確認するのも良いですね。

スポンサーリンク

映画 ノイズあらすじは?

予告

あらすじ

逃げ場のないその島で、死体を隠し切れ!!

絶海の孤島に突然現れた不気味な男。

誰も知らないその男に家族を狙われた泉圭太(藤原竜也)は、親友の田辺純(松山ケンイチ)、新米警察官の守屋真一郎(神木隆之介)と共に、誤ってその男を殺してしまう。

それは圭太が生産した”黒イチジク”が人気となり、国からの交付金5億円が内定、過疎に苦しむ島に明るい未来が見えた矢先のことだったーー。

島の未来と大切な家族を守るため、3人は死体を隠蔽することを決意する。

「この男が消えたところで、だれも追ってこない」そう思っていた矢先、予想外の事態に発展する。

なんと、その男は出所したばかりの凶悪犯(渡辺大知)で、足取りを追う刑事(永瀬正敏)らが島に大挙して押し寄せてきたのだ!

24時間体制で執拗な操作を繰り返す県警。

その包囲網が圭太たちを追い詰める…。

<島の生活を守る為に死体を隠す者>と<正義のために島の生活を踏みにじる者>との攻防が島民たちにも広がっていき、島の日常は崩れ落ち、少しずつ狂っていく…

差出人不明の不気味なメール、次々と増えていく死体、壊れていく絆…

だれが味方で敵なのかもわからない極限状態の中で、”ある人物”がとんでもない罠を仕掛けていた…

島中がパニックに陥った先に待ち受ける、驚愕のあまり観る者も正気を失うラストとはー!?

このエンディングを理解する事は出来るか!?

出典元:映画『ノイズ』公式サイト

キャスト

泉圭太:藤原竜也
田辺純:松山ケンイチ
守屋真一郎:神木隆之介
泉加奈:黒木華
青木千尋:伊藤歩
小御坂睦雄:渡辺大知
横田昭一:酒向芳
野毛二郎:迫田孝也
守屋仁美:鶴田真由
酒井義昭:波岡一喜
岡崎正:寺島進
庄司華江:余貴美子
横田庄吉:柄本明
畠山努:永瀬正敏

スタッフ

原作:筒井哲也『ノイズ【noise】』(集英社 ヤングジャンプ コミックス GJ刊)
監督:廣木隆一
脚本:片岡翔
音楽:大友良英
企画・プロデューサー:北島直明
製作:沢桂一、堀義貴、池田宏之、菊川雄士、藤本鈴子、森田圭、弓矢政法、松橋真三、田中祐介
エグゼクティブプロデューサー:伊藤響
助監督:吉村昌晃
配給:ワーナー・ブラザース映画
制作プロダクション:クレデウス
製作幹事:日本テレビ放送網
製作:映画「ノイズ」製作委員会
上映時間:128分

映画 ノイズSNSでの反応は?

まとめ

★映画『ノイズ』の公開は2022年1月28日からになります。

★上映期間はあくまで目安になりますが、少なくとも2022年2月いっぱい〜3月中旬までは公開されている可能性あり

★映画館のホームページで確認するのが確実。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする