劇場版 鬼滅の刃 無限列車編|公開いつまで?前売り券の買い方も紹介!

出典元:https://kimetsu.com

2020年10月16日から映画『鬼滅の刃・無限列車編』の公開が始まりますね。

テレビ番組では色々特集され、企業とのコラボもたくさんしている程、見ない日はないですよね。

私も初期から読んでいましたが、突然話題になり人気が出てきて、書店では単行本発売日には予約していた最新刊を受け取るための長蛇の列が出来ていたことにも大変驚いたのも記憶に新しいです。

その今大人気の『鬼滅の刃』、テレビアニメに引き続き、劇場版も公開されて物語が進んでいきます。

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

公開期間の目安と、前売り券あらすじを交えながら紹介していきますね!

スポンサーリンク

劇場版 鬼滅の刃・無限列車編公開はいつまで?

映画の公開開始は、2020年10月16日からです。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開されているのかこれといった決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除いて、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

劇場版『鬼滅の刃・無限列車編』もあくまで目安ですが、少なくとも11月中旬〜11月いっぱいくらいまでは上映されている可能性があると思われます。

日本中を巻き込む程の人気ぶりである『鬼滅の刃』ですので、大ヒットは間違いなしですので、12月中旬まで〜1月上旬くらいまで上映期間が延長する可能性も考えられます。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回で尚かつ、朝早くの上映回だけだったり夜遅くの上映回だけだったりと、上映時間が限定されてしまったりするので注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫ですが、観たければ早めに映画館に足を運ぶのがベストでしょう。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりしますので、お住まいの地域の最寄りの映画館のホームページで確認するか、映画の公式ホームページのシアター情報で確認するのも良いですね。

スポンサーリンク

劇場版 鬼滅の刃・無限列車編あらすじは?

予告

あらすじ

果てなく続く
無限の夢の中へー

蝶屋敷での修行を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、《無限列車》に到着する。

そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。

禰豆子を連れた炭治郎善逸伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く《無限列車》の中で、鬼と立ち向かうのだった。

出典元:https://kimetsu.com/anime/story/

原作の方は、「週刊少年ジャンプ」24号で2020年5月18日に最終回を迎えていて、【鬼滅ロス】になっているファンはこの映画が待ち遠しいかと思います。

TVアニメ放送での続きが今回の劇場版 無限列車編になりますが、原作を読んでいるファンも多く内容を知っていながらも見たら涙するであろうけど見に行く!というTweetもいくつか見かけました。

スポンサーリンク

劇場版 鬼滅の刃・無限列車編前売り券の特典は?コンビニでも買えるの?

前売り券の発売が2020年8月7日から始まります。

前売り券はどこで買えるの?

今回、前売り特典はないようです。
どこで購入出来るかまとめてみたので紹介しておきますね!

映画館(劇場)、オンラインでの購入

映画館ではムビチケカード型前売り券が販売されているようです。

出典元:https://kimetsu.com/anime/ticket/

一般:1500円
小人:800円

ムビチケカードは手元に残るので、前売り特典はありませんが手元に残る点で言えばこちらがおすすめかなと思います。

メイジャーというサイトでもムビチケカード型前売り券の購入が出来るので、劇場に行く暇がない方はこちらでの購入がおすすめですね!

ムビチケオンラインでの購入はデジタル前売り券のため、ムビチケカードは手に入らないとのことなので注意が必要です。

コンビニでの購入

コンビニで前売り券が購入出来るか調べてみましたが、取扱についてはまだ未定のようです。

スポンサーリンク

劇場版 鬼滅の刃・無限列車編SNSでの反応は?

スポンサーリンク

まとめ

★映画の公開は2020年10月16日からになります。

上映期間はあくまで目安になりますが、少なくとも11月中旬〜11月いっぱいまでは公開されている可能性あり
(人気作品なので12月中旬まで〜1月上旬くらいまでは延長する可能性)

★映画館のホームページで確認するのが確実。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする