映画 カツベン|公開いつからいつまで?

12月13日から映画『カツベン』の公開が始まります。

周防正行監督の5年ぶりの作品で、今回のテーマはしゃべりのスーパースター・活動弁士〈カツベン〉です。

活動弁士は、活動写真、サイレント映画を上演中に、傍らでその内容を解説する専任の解説者の事を言います。

今日で言うところの「ナレーター」みたいなものでした。

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

上映期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきます!

スポンサーリンク

映画 カツベンの公開はいつまで?

映画の公開開始は、12月13日からになります。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開しているのかはこれと言った決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われているような映画を除くと、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

以上のことを踏まえ、
『カツベン』もあくまで目安ですが、少なくとも1月13日前後〜1月いっぱいくらいまでは公開している可能性があるかと予想されます。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回上映で尚かつ、朝早くの上映回だったり夜遅くの上映回だけになったりするので、注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫だと思います。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりするので、自分のお住まいの地域の最寄りの映画館のホームページもしくは、映画の公式ホームページのシアター情報で確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

映画 カツベンのあらすじは?

予告

あらすじ

子供の頃、活動写真小屋で観た活動弁士に憧れていた染谷俊太郎。

”心を揺さぶる活弁で観客を魅了したい”という夢を抱いていたが、今では、ニセ弁士として泥棒一味の片棒を担いでいた。

そんなインチキに嫌気がさした俊太郎は、一味から逃亡し、とある小さな町の映画館〈青木館〉に流れつく。

青木館で働くことになった俊太郎は、”ついにホンモノの活動弁士になることができる!”と期待で胸が膨らむ。

しかし、そこには想像を絶する個性的な曲者たちとトラブルが待ちうけていた!

俊太郎の夢、恋の運命やいかに・・・!?

出典元:https://www.katsuben.jp/

主演の成田凌さんは、活弁の訓練を7ヶ月間訓練したとのこと。
1日3時間、7ヶ月間の訓練をされてきたので、カツベンに期待が膨らみますね。

そして、周防監督は「いろんな役者さんに会いたくて、毎日面接してたんです。その中で成田さんを選んだ決定的な理由は、タイプだった。こういう若者が好きだな・・・と。彼が本来持っているであろうお茶目なところを強く出せたら成立すると思いました。活弁の訓練も一生懸命やってくれて、見事な成果を出してくれた。」とインタビューで語っています。

また劇中に登場する無声映画は、本作のために新撮されたもので、可能な限り35mmのモノクロフィルムで撮影されており、周防監督の無声映画に対するリスペクトが込められているとのことです。

スポンサーリンク

映画 カツベンのSNSでの反応は?

映画『カツベン』のSNSでの反応もあげておきますね!

まとめ

★映画の公開は、12月13にちからになります

★上映期間は、あくまで目安ですが、1月13日前後まで〜1月いっぱいまでの可能性と予想されます

★映画館のホームページで確認するのが1番!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする