鈴木達央の降板が続く理由はなぜ?不倫よりも情報漏洩が影響して信用がなくなった!?

声優の鈴木達央さんが今度はテレビアニメ『魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』の主役・アノス役を降板すると話題になっていますね。

『魔王学院の不適合者 』は、第2期の製作が決まっていました。

降板した鈴木達央さんの代役は誰なのかにも注目が集まっていますね。

この記事では、

降板が続いている理由に、不倫相手のA子に聞かせた未解禁音源漏洩問題があるのでは?というネット上での噂の真相や、ネットの意見などを紹介していきますね!

鬼滅の刃の主題歌を担当し、一躍有名になったLiSAさんの夫である声優の鈴木達央さん。 2021年8月30日、所属事務所のアイム...

スポンサーリンク

鈴木達央の降板が続く理由はなぜ?

声優の鈴木達央さんが今度はテレビアニメ『魔王学院の不適合者 』の主役・アノス役を第2期から降板することになりました。

第1期は2020年7月~9月にかけて放送され、アノス役を務めていた鈴木達央さんにとっては代表作となる程人気作品です。

2021年7月、LiSAさんがライブ中で自宅を留守にしている間に、不倫相手を自宅に招くなどしていた事が文春の報道で明らかに。

そして、2021年8月4日に体調不良により活動を休止すると発表し、ついには自殺未遂で救急搬送されていたことがわかりました。

肝心な事は本人の口から直接語られることもなく、謝罪文だけが発表されたため、炎上騒ぎにもなっていました。

その後、事務所側から「今後は、徐々にではありますが、鈴木の回復具合を見極めながら、活動を再開させていただく予定です」と発表。

しかし、その発表から現在に至るまで鈴木達央さんが演じている役の降板が続いています。

降板した役の一覧は以下の通り

後任 役名 概要作品 後任の初担当作品
伊藤雄貴 アラン・スティアート 『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』 ゲーム『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 〜波乱を呼ぶ海賊〜』特典ドラマCD
松岡禎丞 キバナ 『ポケットモンスター』 第82話
福西勝也 ゲゲ 『機界戦隊ゼンカイジャー』 第25話
浅沼晋太郎 禁衛座 『白夜極光』 2021年11月11日更新以降
前野智昭 東光太郎 『ULTRAMAN』 『ULTRAMAN SEASON 2』
未定 アノス・ヴォルディゴード 『魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』 第2期放送分から

出典元:Wikipedia「鈴木達央」

【2021年12月27日追記】

「東京リベンジャーズ」のドラケンも降板が発表されましたね。

サイトでは「キャスト変更のお知らせ」として、「本作にて、アノス役を演じております鈴木達央さんに関して、事務所様に打診をさせていただき、協議の場を設けましたが、アノス役を降板となりましたことをご報告致します。鈴木さんにはこれまでアノス役を演じて頂いたことにとても感謝しております」と報告した。  代役については「追ってお知らせをさせていただきます」とし、「これからも『魔王学院の不適合者』をよろしくお願い致します」と呼びかけた。

出典元:オリコンニュース

協議の場を設けたとの事ですが、降板という形になったそうです。

この事から、降板が続いているのは不倫の影響ではない。

むしろ、不倫相手のA子に聞かせた未解禁音源漏洩問題があるのでは?とネット上でかなり噂になっているのです。

スポンサーリンク

鈴木達央の降板が続いている理由は不倫よりも情報漏洩が影響して信用がなくなったから?

不倫はもちろん許されることではないです。

しかし、今回降板が続いているのは鈴木達央さんが未公開音源を不倫相手に聞かせてしまったことだと噂が広がっています。

不倫相手であるA子が鍵アカでその事を自慢してしまった事も影響しています。

結果、不倫だけでなく情報漏洩も発覚する原因になったと言われています。

鈴木がのびのびと女遊びを続けられたのには、一般的なテレビタレントと比べて、それほど不倫スキャンダルが仕事に影響しない声優業界の独特な空気も関係していたかもしれない。これまで不倫を報じられた声優は複数存在するが、表立って降板云々という事態には至らなかった。  

もちろん鈴木は、LiSAの夫であることで注目度が段違いだった上に、公開前の音源を不倫相手に聴かせていたことが問題視されたのだろう。

出典元:newsポストセブン

過去にも声優業界では不倫スキャンダルを報じられた声優が複数いました。

しかし、テレビタレントとは違い独特の空気もある声優業界では、それほど仕事に影響する訳ではなかったようです。

表立ってなかったという事なので、何かのタイミングで降板という形はあったのかもしれませんね。

こういった事から、鈴木達央さんが立て続けに降板を発表しているのは不倫の影響だけではなく、未発表音源漏洩が問題視され信用をなくしたと噂が広がっているのかと思われます。

【2021年12月12日追記】

文春オンラインから、鈴木達央さんの事務所に対して取材を行った記事が出ていました。

――今回の報道でファンの多くから、不倫とは別に、未発表であった楽曲をA子さんに披露したことに「怒りを感じている」との声を目にします。そのことについて鈴木さんは今、どう考えていらっしゃいますか?  御社の見解も含めて教えてください。

【回答】制作関係者にも確認を取り、該当ツイートがあったとされる時期は、公開前の音源自体が存在していないことを確認致しました。万が一ということもあるため、慎重に確認しており、ご報告にお時間が掛かってしまいました。  関係者並びにファンの皆様へ、誤解を与え続けてしまったことやこのような形でのご報告になってしまったことを深くお詫び申し上げます。

出典元:文春オンライン

記事の方には、鈴木達央さんの事務所側は制作関係者に確認を取った。

A子が鍵アカのTwitterで自慢ツイートをしたとされる時期は、公開前の音源自体が存在していなかったとあります。

事務所側が、万が一ということもあるので慎重に確認をとったとのことです。

公開前の音源が存在しなかった確認を取るのに時間をかけたそうですね。

事務所側からの未公開音源漏洩について発表もなかったのはこのためかと思われます。

これが、余計に鈴木達央さんが未公開音源漏洩という噂が広まってしまった結果なのかと思います。

また、『東京リベンジャーズ』の2期シーズンの製作も既に始まっているそうです。

しかし製作側は、ドラケン役に鈴木達央さんの起用は考えてないようです。

2021年12月27日に、ドラケンも降板という形になってしまいましたね。

スポンサーリンク

鈴木達央の降板が続いていることに対するネットの反応

まとめ

降板が続いている理由に、不倫相手に聞かせた未解禁音源漏洩問題があるのでは?というネット上での噂の真相や、ネットの意見などを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ネットでは未公開音源の漏洩に関してはかなり厳しい声が上がっていました。

そして、ドラケンも降板することになってしまいました。

情報漏洩していたという噂が広まった以上、オファーする側は使い辛いし信用していいのかと感じることもあると思います。

不倫や情報漏洩が発覚した際も、自殺未遂するなどメンタル的に弱い部分もあるように感じました。

そういったメンタルの弱さが役を演じた時に批判にさられるのが怖いという心境になったりして鈴木達央さんの方から降板している可能性もあるかもと思いました。

信用を取り戻すには、謝罪文ではなく本人が直接出てきて説明したり情報漏洩について謝罪したりという事が必要になってくるのかもという気がします。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする