バイキング打ち切りの理由はなぜ?ジャーナリスト気取りが不愉快だったし終了が嬉しい!の声

2014年4月からスタートしたワイドショー番組『バイキングMORE』。

この番組が来年春をもって終了することが2021年12月13日に正式発表され、話題になっていますね!

終了の理由は、MCである坂上忍さんが「動物の保護活動に注力したい」との事です。

しかし、本当は坂上忍さんのギャラが高いからやパワハラ疑惑などあがっています。

この記事では、

『バイキング』が打ち切りになった理由はなぜなのか?やネットの意見などを紹介していきます。

スポンサーリンク

バイキングMOREが2022年3月末で終了と発表

坂上忍さんがMCを務めるフジテレビ系の情報番組『バイキングMORE』が、来春改編での打ち切りが決定したと発表がありました。

2021年12月13日の放送で坂上忍さんは「ライフワークである動物の保護活動に注力したいと同局に番組卒業を申し入れた」と説明していました。

しかし、『バイキング』は以前から度々打ち切り説が出ていました。

坂上忍さんのパワハラ疑惑や、1回の放送で100万、年間2億円とギャラが高すぎるからと言われ、そのたびに打ち切り説が上がっては消えとしていました。

今回、坂上忍さんが卒業を申し入れたとの事なので、本当に打ち切りという形になってしまうようです。

本当の打ち切りの理由は何なのでしょうか?

スポンサーリンク

バイキング打ち切りはなぜ?理由を4つ紹介!

『バイキング』が終了する理由として様々な憶測がネットで飛び交っています。

坂上忍さん本人が「動物保護の活動の時間を確保するため」と伝えていますが、なぜ他にも理由があがっているのでしょうか?

『バイキング』が打ち切りになる理由を4つ紹介していきます。

①ライフワークとしている動物保護活動に力を注ぎたいから

これは坂上忍さん自身が発言している理由です。

坂上は、同局に寄せたコメントで、動物の保護活動をメインとした施設の工事が来年の2月には完了し、4月から保護活動ができるようになるため、卒業を申し入れたと説明。

出典元:夕刊フジ

坂上忍さんの動物の保護活動に全力を尽くしたいという意向が受け入れられ、番組卒業とともに『バイキング』自体も打ち切りになるということなのだそう。

動物保護の様子に関しては現在放送中の『坂上どうぶつ王国』で引き続きレポートしていくとの事です。

坂上忍さん本人からこういった発言があるのにも関わらず、なぜこの発言が信用されていないような状況になっているのでしょうか?


番組打ち切りで「卒業」とはありえへん世界 「動物愛護に注力したい」は「坂上どうぶつ王国」は見逃してねの 言わばフジテレビとの”司法取引”じゃん 見苦しいにも程がある

ネットでは『坂上どうぶつ王国』も打ち切りにならないように、司法取引とも言えるような形で『バイキング』を卒業するのでは?という意見があがっています。

「まだ引退とはなりません。動物たちのためにも、まだほそぼそと稼がせていただきます」

出典元:中日スポーツ

坂上忍さん自身は、動物たちのためにもまだぼそぼそと稼がせていただきますと発言しています。

動物たちのためにまだ稼がないといけないと思ってるのがわかりますね。

動物を保護すると言ってもかなりお金がかかるはず。

何もかも出演番組がなくなってしまっては困るという所なのかもしれません。

坂上忍さんに対してネット上では見ていて不快な時があるなどの意見が多く上がっていました。

そのため、フジテレビ側もどこかのタイミングで番組を終了させる事を考えていたのだと思います。

タイミングが早かったものの、坂上さん自身から卒業の意向を伝えられました。

それゆえ、口実として動物保護という理由にしたのでは?と噂になってしまっているのです。

②パワハラ疑惑があったため

これは2020年6月に話題になっていたのですが、打ち切りという発表があってから再び注目されている話題です。

スタートした頃の『バイキング』はバラエティ色が強かったものの、現在は“典型的なワイドショー”という構成になっており、ネット上では「坂上が毒吐きすぎてて不愉快」などと言われているほか、「出演者に対しての坂上の当たりが強すぎる」「コメンテーターもスタッフも、坂上に逆らえない雰囲気なのでは?」といった声も目立つ。

出典元:サイゾーウーマン

以前からMCである坂上忍さんに意見したコメンテーターは知らない間に卒業していたようです。

それが坂上忍さんの意向でそうなったのでは?と噂されてきました。

番組を見ていても、たまに坂上忍さん自身が不機嫌な顔を隠すことない場面がありました。

そして、コメンテーターの意見に対して不貞腐れたような態度を取っていた事もありました。

自分の意見とかみ合わないと食い下がるシーンも多かったのは番組を見ていた人は感じていたのではないでしょうか。

そういった部分が、「毒を吐きすぎて不愉快」や「パワハラじみてる」と言われる原因になっていたのでは?と思われます。

スポンサーリンク

③坂上忍のギャラが高すぎるから

坂上忍さんが『バイキング』に1回出演するとギャラは100万円なのだそう。

そして年間で2億円程になるそうです。

番組のスタート当初、歯に衣着せぬ発言が視聴者には新鮮で大ウケだった坂上だが、その発言は生放送のため次第に制御不能になり、ネット上で度々“炎上”。最近は視聴率も苦戦中だった。 「民放キー局の裏番組と比較すると連日、テレ朝、TBS、日テレが上位争いを繰り広げ、フジは最下位が定位置。早期退職者を募り、ボクシング・井上尚弥の世界戦の放送権を手放すなど、切羽詰まっている今のフジには、坂上に年間で2億円超ともいわれる高額ギャラは費用対効果に合わなかった。坂上もそれを悟っての決断だったのでは」

出典元:日刊ゲンダイ

フジテレビと言えば、以前はかなり視聴率を取っていたイメージです。

しかし、最近ではドラマなども視聴率にかなり苦戦している様子が伺えます。

フジと言えば月9が高視聴率を取っていた時代もありました。

月9がこけたなどの話題も多く、他局に視聴率で惨敗することも多くなってきました。

最近テレビをあまり見ないという若者が増えたという背景もあります。

しかし、視聴率が収益に直結するテレビ業界にとってはギャラが高いタレントは長く使い辛いという事もあるでしょう。

その結果が、番組打ち切りに繋がっているのでは?とも言われています。

④バイキング打ち切りはフジ上層部の意向だった!

「打ち切りの理由については、局の上層部の強い意向だったと聞いています。スタッフの間では政治から芸能人まで好き放題に噛みつく坂上さんの姿勢を上層部が気にしていたからではないかと囁かれています。芸能事務所や自民党政治家と親交が深い幹部が多く、芸能人や政治家の子息も多く入社しているので、『バイキング』の路線は社風とは合わないと判断されたのではないか」

出典元:NEWSポストセブン

坂上忍さんは『バイキング』で国内政治や芸能などをかなり好んでチョイスしていたそうです。

スタッフが北朝鮮やアフガンの国際ニュースなどを提案しても関心を示さなかったとのこと。

そして、番組内容としてはかなり偏った内容になっていたそうです。

情報番組としてはもっと幅広い話題を伝えていきたいと製作側は思っていたはず。

しかし、偏った話題だったことがフジ上層部にとってあまり好ましくない状況だったのかもしれませんね。

そのため、フジ上層部の意向で打ち切りになったのでは?と話題になったのかと思われます。

スポンサーリンク

バイキング打ち切りにネットに対するネットの反応

まとめ

『バイキング』が打ち切りになった理由はなぜなのか?やネットの意見などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

坂上忍さん自身が動物たちのためと言っているので個人的にはそれが理由なのだと思っています。

坂上忍さんの動物に対する姿勢というのはすごいなと思わされることも多いです。

そして並大抵の覚悟では保護動物に全力を尽くすことは出来ないと思います。

それを公言しているので、動物保護に時間を割いていくのだと思います。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする