桐生ココの卒業理由、実はクビだった!?活動休止再開から引退までの経緯まとめ

ホロライブ所属の人気VTuber・桐生ココさんが2021年7月1日をもって卒業すると発表があり、話題になっていますね。

桐生ココさんは、契約内容に違反する行為を行なったとして2020年9月27日から10月19日までの約3週間、活動自粛となった過去があり、2020年11月27日から12月13日までの約2週間、YouTube上での活動休止をしていました。

活動休止に関しては、理由などは発表されておらず、この時もさまざまな憶測が飛び交っていました。

今回、卒業を発表したことで、再び謹慎や活動休止に関する理由についても注目されています。

この記事では、

桐生ココさんの活動休止からの復帰、そして引退に至った経緯のまとめを紹介していきます。

スポンサーリンク

桐生ココの卒業理由、実はクビだった!?

桐生ココさんが、2021年7月1日をもって卒業すると発表があってから、ショックだと感じているファンの方も多いのではないかと思います。

YouTubeの方でも、『卒業するが理由は言えない』との事でした。

こちらが、卒業を発表した、2021年6月9日の桐生ココさんの公式YouTubeです。

この中でも、卒業の理由については「卒業につきましては、えー、ちょっと言えないことがとっても多いので、皆さんには言わないことになります。納得できないよね。」として伏せていたので、Twitterの方では、運営側から実質クビを言い渡されたのでは?と話題になってしまいました。

このような噂が広がった背景には、2020年に桐生ココさんが、YouTubeのアナリティクスを用いて、視聴者の詳細を紹介し、「台湾」と発言してしまったことで台湾を国家と認めていない中国の人達から反論があり、3週間の謹慎処分となったことにあります。

ホロライブプロダクションに所属している、赤井はあとさんと桐生ココさんが3週間の謹慎処分になり、またカバー株式会社かと話題になって...

その後、3週間の活動自粛を経て、活動再開しましたが、またすぐに活動休止となり、組織的な誹謗中傷や荒らしが原因となっているのでは?とネットでも話題になりました。

2020年11月27日に、ホロライブ所属の人気VTuber・桐生ココさんが活動休止すると発表し、話題になっていますね。 桐生コ...

桐生ココさんは、涙声で

時間をとっていただきありがとうございました!

まあ、悲しまずに……叶えられなかった夢などたくさんありますし、残ると思いますけど、ポジティブにね…(中略)…どこに行っても、どんな舞台でも輝いちゃうので未来は明るい、そういうことです。ありがとうございました!

と伝え、2021年7月1日の20時から卒業ライブをすると告知し、配信終了していました。

スポンサーリンク

ホロライブ卒業後もチャンネルや動画は継続する!

2021年7月1日をもってホロライブから卒業する桐生ココさんですが、卒業後もチャンネルや動画は継続するとの事です。

今まで、卒業してきた元ホロライブ所属のVTuberは、卒業とともにチャンネルなども削除されていましたが、桐生ココさんの動画などは卒業後も視聴する事が可能だそうです。

ホロライブプロダクションを運営するカバー株式会社からも、桐生ココの卒業に関するお知らせが出ており、

メンバーシップや限定コンテンツも卒業から3ヶ月は継続するとありました。

話し合いを重ねた結果、本人(桐生ココさん)の意向を尊重すると書いてある事や、チャンネルや動画も継続するとある事からふまえると、円満退社的な感じに見えるような気もします。

しかし、カバー株式会社CEOである谷郷元昭さんのtweetに対して、ネットではさまざまな意見があるようです。

このtweetに対してネットでは、

桐生ココ超ガチ勢ではないけど、coverは企業として最低限の説明なりして義理を通した方がいいと思う。 嘘でも卒業理由が言えないなんて怪しすぎるし、桐生ココ会長が可哀想すぎる。 中国が原因だと考えざるを得ない。 所属タレントの1人守れないで今後他のタレントの事守れるの?

桐生ココの卒業を、わざわざ今までやってなかった中国語で告知するとかもう答え出てるじゃん あーやだやだ

などの意見があがっていました。

スポンサーリンク

桐生ココ卒業を惜しむ声も多数!

桐生ココさんが、卒業を発表してから、同じホロライブのVTuberからも卒業を惜しむ声が上がっています。

そしてKAY-YOUの記事でも、

2019年12月にホロライブの4期生としてデビューすると、英語と日本語を駆使したハイテンションなライブ配信で、たちまち国内外で人気を獲得した桐生ココさん。

彼女の存在をきっかけに、ホロライブというグループだけでなくVTuberというジャンル自体が、英語圏をはじめとする海外からの注目が大きくなるなど、シーン全体のゲームチェンジャーとしても知られています。

2020年は一時活動を休止していたものの、YouTubeの投げ銭機能(スーパーチャット)において世界で最も高額を稼ぎ出しているVTuberとしても話題に。

タレント揃いのホロライブのVTuberの中でも特筆すべき存在だけに、引退を惜しむ声は大きいです。

出典元:KAY-YOU

とあるように、桐生ココさんが卒業を惜しむ方もたくさんいるのがわかりますね。

スポンサーリンク

まとめ

卒業の経緯をまとめてみると、桐生ココさんがいかにみんなに愛されているかが分かりました。

卒業する理由は言えない、など、さまざまな想像を掻き立てるような感じもしましたが、卒業後、どこにいっても輝いて、未来は明るいという言葉の通りやりたいことをして頑張って欲しいなと思います。

桐生ココさん、2021年7月1日まで楽しんで活動してください、応援しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする