桐生ココの活動休止の理由は誹謗中傷や荒らしが原因?活動自粛から再開、休止までの経緯まとめ

2020年11月27日に、ホロライブ所属の人気VTuber・桐生ココさんが活動休止すると発表し、話題になっていますね。

桐生ココさんは、2020年10月19日に3週間の活動自粛から復帰したばかりでした。

活動再開の時期は明かされていません。

この記事では、

桐生ココさんが再び活動を休止することになった理由にスポットをあてて、活動自粛から復帰、そして活動休止に至った経緯のまとめを紹介していきます。

桐生ココの活動休止の理由は誹謗中傷や荒らしが原因?

2020年11月27日に、ホロライブ所属の人気VTuber・桐生ココさんが自身のTwitterで活動休止することを発表しました。

9月に謹慎処分になり3週間の活動自粛と経て、10月19日から活動再開したばかりでした。

謹慎処分を受けた理由についてはこちらにまとめています。

ホロライブプロダクションに所属している、赤井はあとさんと桐生ココさんが3週間の謹慎処分になり、またカバー株式会社かと話題になって...

桐生ココさんが活動休止に至った理由については、「桐生ココを守るため」としていますが、詳しい理由については触れられてはいません。

KAY-YOUの記事によると、

人気の裏で、組織的と思われる誹謗中傷や荒らし行為が彼女の配信コメント等で行われており、ファンからは9月より続く「一つの中国」を巡る騒動との関連性が指摘されている。

なお、発表は桐生ココさんのTwitterアカウント上で行われており、カバー社からの公式発表はまだない。

これまでホロライブの英語圏からの人気を担ってきた桐生ココさんの活動休止を悲しむ声は多い。今後の動向が注目される。

出典元:KAY-YOU

とのこと。

活動休止の理由としては、組織的な誹謗中傷や荒らしが原因となっているのでは?という噂があがっているのです。

桐生ココさん本人も、誹謗中傷や荒らしについて、自身のTwitterで言及しています。

出典元:桐生ココTwitter

桐生ココさんのファンの名前を使って、アンチコメントなどを書き込むなど、かなり悪質な行為が目立っており、コメント欄もかなり荒れているようです。

他にも、Twitterには「ホロライブ秋の大運動会」において、荒らしを呼びかけるようなツイートがあったり、

桐生ココさんが活動休止を発表したため、今後はTwitterで誹謗中傷を行っていくという旨のツイートなどがあります。

こういったあまりにも悪質な誹謗中傷からしばらく距離を取るために、活動を休止することにしたのでは?という声がネット上からも聞かれます。

スポンサーリンク

桐生ココのメンバー限定配信での縦読みも話題に!

そんな中、桐生ココさんのメンバー限定配信でのメッセージの縦読みが「(くそ闇組織が)くそやみそしきが」となるため、物議を醸しています。

2020年8月頃には、YouTubeの投げ銭機能「スーパーチャット」による収益ランキングで世界1位を獲得したことで話題になる程、運営に貢献してきた桐生ココさん。

この「くそ闇組織が(くそやみそしきが)」は、桐生ココさんが活動休止せざるを得ない状況になってしまった事に対する、ホロライブを運営するカバー株式会社への批判なのでは?とも噂されています。

桐生ココさんから活動休止すると発表がありましたが、桐生ココさん本人のTwitterでのみの発表でした。

ホロライブを運営するカバー株式会社から、活動休止の経緯についての発表がないので、何か運営との間に軋轢があるのでは?とネットでは深読みする声もあり、様々な憶測を呼んでしまったのかと思います。

しかし、組織的な誹謗中傷に悩まされてきた経緯もあるので、この「くそやみそしきが」は、アンチ達に向けてなのでは?という声もあります。

スポンサーリンク

桐生ココの活動休止発表に対してネットでの反応は?

こうなることは予想できていたと思う。 Liveを見ていても中国人による荒らし行為が見るに耐えなかった。 ことの発端は他の人が補足してくれてるけれど、中国-台湾問題。 日本のコンテンツを中国のイナゴが食い荒らしたっていうのが今回のわかりやすい表現。

中の人も普通に配信しててどんな人物か知られてるから今は隠れるしか無いよな…もしこの状況がずっと続くようなら本当に引退するしかなくなってしまうかもしれないのがツラい…

ココの場合は同じマンションに同僚住んでるし、顔バレもしてるから他のVtuberと違って危険だと思ったんだろうね 最近の配信も昔とは違って覇気がなかった感じがした 休止は残念だけど誹謗中傷してる奴らにも罰則を与えてほしい

スポンサーリンク

まとめ

中国―台湾問題の件が原因で、かなり悪質な誹謗中傷により、活動休止せざるを得ない状況になってしまったのが理由だろうと思いますが、こういうのは本当に無くなって欲しいですよね。

面と向かって言えるのか考えて欲しいといつも思いますし、身の危険を脅かすような事をネット上では言えるのは問題だと思います。

桐生ココさんが、楽しく活動を再開できる日を応援しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする