映画 アイ・アム まきもと|公開いつまで?上映期間を予想!

2022年9月30日から、映画『アイ・アム まきもと』の公開が始まりますね!

癖のある役をさせたらピカイチの阿部サダヲさん主演とのことで、公開を楽しみにしている方も多いと思います。

私も楽しみにしています!

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

公開期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画 アイ・アム まきもと公開はいつまで?

映画『アイ・アム まきもと』の公開開始は、2022年9月30日からです。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開されているのかこれといった決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除いて、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

映画『アイ・アム まきもと』もあくまで目安ですが、少なくとも2022年10月いっぱい〜11月中旬くらいまでは上映されている可能性があると思われます。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回で尚かつ、朝早くの上映回だけだったり夜遅くの上映回だけだったりと、上映時間が限定されてしまったりするので注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫ですが、観たければ早めに映画館に足を運ぶのがベストでしょう。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりしますので、お住まいの地域の最寄りの映画館のホームページで確認するか、映画の公式ホームページのシアター情報で確認するのも良いですね。

スポンサーリンク

映画 アイ・アム まきもとあらすじは?

予告

あらすじ

ある見知らぬ男の人生を“まき”戻すことになった「おみおくり係」のまきもと。

彼がたどり着いた“奇跡のさいご”とは――

小さな市役所に勤める牧本の仕事は、人知れず亡くなった人を埋葬する「おみおくり係」。

故人の思いを大事にするあまり、つい警察のルールより自身のルールを優先して刑事・神代に日々怒られている。

ある日牧本は、身寄りなく亡くなった老人・蕪木の部屋を訪れ、彼の娘と思しき少女の写真を発見する。

一方、県庁からきた新任局長・小野口が「おみおくり係」廃止を決定する。

蕪木の一件が“最後の仕事”となった牧本は、写真の少女探しと、一人でも多くの参列者を葬儀に呼ぶため、わずかな手がかりを頼りに蕪木のかつての友人や知人を探し出し訪ねていく。

工場で蕪木と同僚だった平光、漁港で居酒屋を営む元恋人・みはる、炭鉱で蕪木に命を救われたという槍田、一時期ともに生活したホームレス仲間、そして写真の少女で蕪木の娘・塔子。

蕪木の人生を辿るうちに、牧本にも少しずつ変化が生じていく。

そして、牧本の“最後のおみおくり”には、思いもしなかった奇跡が待っていた。

出典元:映画『アイ・アム まきもと』公式サイト

キャスト

阿部サダヲ(牧本壮)
満島ひかり(津森塔子)
宇崎竜童(蕪木)
松下洸平(神代)
でんでん(下林)
松尾スズキ(平光)
坪倉由幸(小野口)
宮沢りえ(今江みはる)
國村隼(槍田)

スタッフ

監督:水田伸生
脚本:倉持裕
原作:ウベルト・パゾリーニ
製作総指揮:ウィリアム・アイアトン、中沢敏明
製作:映画『アイ・アム まきもと』製作委員会
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作:セディックインターナショナル、ドラゴンフライ
技術:カラー

スポンサーリンク

映画 アイ・アム まきもとSNSでの反応は?

まとめ

★映画『アイ・アム まきもと』の公開は2022年9月30日からになります。

★上映期間はあくまで目安になりますが、少なくとも2022年10月いっぱい〜11月中旬くらいまでは公開されている可能性あり

★映画館のホームページで確認するのが確実。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする