石田さんち父の元職場の化粧品会社はどこ?日本ロレアルの平均年収も調査!

2022年9月10日に、「石田さんちの大家族」のスペシャルが放送され反響が続いていますね。

末っ子の隼司さんがマイホーム資金が足りず頭金を無心に来るシーンや相変わらず家族旅行を四男・智広さんが負担するなど話題になるシーン満載でした。

この記事では、

9人兄弟の父親である晃さんが勤めていたと言われる化粧品会社である「日本ロレアル」の年収などを紹介していきます。

スポンサーリンク

石田さんち父の元職場の化粧品会社はどこ?

石田さんちのお父さんである晃さんは、お母さんの千恵子さんとは美容師学校で出会ったとありました。

1973年美容師学校を卒業後インターンを得て美容師資格を取得、しばらくは美容師として働きましたが、その後「日本ロレアル」に転職します。

その後、「日本ロレアル」の営業部長にまで上り詰めた晃さんはかなりの年収があったのではと推測されています。

スポンサーリンク

石田さんちの父、化粧品会社時代の年収は?日本ロレアルの平均年収も調査!

25歳で結婚、9人の育児、円満別居…『石田さんチ』の父が語る、大 ...

過去に、外資系化粧品会社「日本ロレアル」に勤めていた石田さんちのお父さん。

営業部長に上り詰めたというくらいなので相当できる人材であったと思われます。

「日本ロレアル」の中途採用営業部門で求める人物像という形でどういう人材を求めているのか記載されています。

■求める人物像

・FMCG(日用消費財)業界においてセールス経験が3年以上あること
・担当エリア、製品に対する売上管理、シェアの拡大、顧客開拓、売り場のイメージ管理などを担えること
・プレゼン能力、ビジネスセンスがあり、また戦略的志向、問題解決能力、交渉スキルがあること
・英語力は必須ではないが、外資系環境(英語が公用など)に対してオープン、学習意欲があること

出典元:日本ロレアル公式ホームページ

これを見るとかなりのレベルの事を要求されていると思います。

「ビジネスセンスがあり、戦略的志向、問題解決能力、交渉スキルがあること」というのは営業では問われる部分ではありますが、これをしっかりとこなしていた事で営業部長にまで上り詰めることが出来たのだと思います。

日本ロレアルの年代別平均年収の表がこちらです。

出典元:すべらない転職

これを見ると、幅があるものの平均年収を見てもかなりいい方だと思います。

営業をしていた石田さんちのお父さんは勤続35年であり営業部長まで上り詰めていました。

年収は1500万はくだらなかったかと思われます。

お父さんである晃さんが仕事に集中できる環境を整えるためお母さんである千恵子さんがワンオペで家庭を支え役割分担をしていたようです。

そして、稼いだ給与は現金で全て手渡ししていたというのですからすごいですよね。

しっかり稼いでくる石田さんちのお父さですが、家に帰ると石田さんちのお母さんには頭が上がらない所も、やりとりを観てると面白いんですよね。

スポンサーリンク

まとめ

9人兄弟の父親である晃さんが勤めていたと言われる化粧品会社である「日本ロレアル」の年収などを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

まとめると、

・石田さんちの父が勤めていた化粧品会社は「日本ロレアル」
・石田さんちの父の年収は1500万円はくだらなかっただろう

かなり前に退職し、その後勤めていた美容師学校の校長も今では退職しています。

こういった経歴だけ見ても石田さんちのお父さんは偉大だなと思いますね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする