橋本琴絵のツイートは旦那(夫)のなりすましって本当?噂の真相は!?

出典元:橋本琴絵Twitter

2020年9月16日、Twitterに、《もし奥様が「産後うつ」を言い訳にして家事や育児を怠ったら怒鳴りつけて躾けましょう。私は産後3ヶ月で衆議院議員選挙を全力で駆け抜けました。「産後うつ」は「甘え」です》というツイートが投稿され、一気に炎上し話題になりました。

これは、希望の党から2017年10月の衆院選に出馬した橋本琴絵さんによるものでだったのですが、橋本琴絵さんのアカウントを使って橋本琴絵さんの旦那(夫)がなりすましをしているとネットで噂になっています。

この記事では、

橋本琴絵さんのツイートは旦那がなりすましているのは本当なのかどうかを紹介していきます。

スポンサーリンク

橋本琴絵のツイートを旦那(夫)がなりすまししているのは本当?

この投稿を見ると怒りがフツフツと湧きました。

私自身も出産した経験がありますし、現在子育て中の母親ですが、産後3ヶ月なんて、抱っこしてて腱鞘炎だったし、上手く寝かしつけ出来ないし、大変だったのを覚えています。

そして、産後は本当に涙脆くなって、ちょっとした事でもマイナスにとらえてしまうことも度々ありました。

みんながみんなこの橋本琴絵さんのように動き回ったりすること出来ないよ、、、と思いました。

この、産後うつは甘えというツイート、橋本琴絵さん本人がしているのでしょうか?それとも、本当は噂の通り、橋本琴絵さんの旦那である橋本維大さんがなりすまししているのでしょうか?

橋本琴絵さんのFacebookには、

育児をしながらの選挙活動について、(私は、母が助産師ということの影響もあってか、出産や育児にはこだわりがあり)「女性の社会進出」に関して意見を述べさせて頂きました。

私が思うに女性の社会進出とは現在「女性が男性社会に参加すること」を前提になされているように感じますが、本来の女性の社会進出とは、科学的な男女の性差を否定することなく、男女の特徴を尊重した上で為されるべきだと考えています。

その意味で、家庭と社会を別物として分離する考え方ではなく、個々の会社や家庭も含めて一つの社会であるとの立場を支持し、女性や会社や官公庁で働く自由も選択肢として尊重されるべきだと考えています。

というふうに書かれています。

この文章を読む限りは、産後うつは甘えだなんて言うタイプには見えないかなぁという感想を持ちました。

しかし、この文章も読み方によっては、女性の社会進出は家庭と社会を別物と分離をしないというのは、産後うつは言い訳にはならないよと言うことなのだろうか、と悩ましくも思いました。

そして、なぜ橋本琴絵さんのツイートが旦那によるなりすましだと噂になったのでしょうか?

その噂の元になったツイートが以下のものになります。

というツイートがTwitter上にあがっていて橋本琴絵さんのTwitterアカウントを使って、橋本琴絵さんの旦那である橋本維大さんが代理投稿しているのではという噂が回っているようなのです。

橋本琴絵さんの旦那である橋本維大さんは、ちょっと曰く有りな人物のようで、

などともツイートされています。

橋本琴絵さんのツイートが旦那の橋本維大さんによって本当に代理投稿されているのかの真相は定かではなく、まだ噂の域を出ていません。

しかし、橋本維大さんが代理投稿しているのであろうと思う人は多くいるようでした。

スポンサーリンク

橋本琴絵のツイートは過去にも炎上していた!

橋本琴絵さんのツイートは過去にも炎上しているそうで、

炎上するとわかっていて投稿していることから炎上商法とも言われているみたいです。

2020年3月には、新型コロナには正露丸が効くとか、到底理解できないツイートで炎上していたようです。

スポンサーリンク

『産後うつは甘え』というツイートに世間の反応は?

お産や体調は100人いれば100通りあるかと思います 自分の経験を基準に人を責め立てるのはとても適切ではないかと思います

あなた産後3ヶ月で仕事してたから産後うつにならなかっただけ。本当に産後うつが言い訳だと言い張るならもう一度出産して子供が3歳になるまで誰にも預けずに24時間ずっと一緒にいるといい。あなたの体験談は24時間ずっと子供といる母親の足元にも及ばない。

妊娠・出産に伴い大量のタンパク質と鉄分を失います 血液データ上も確かです 授乳でさらにタンパク質・鉄分を失います 食事は勿論、家系的にタンパク質・鉄が十分な女性と元から不足していた女性では産後の身体・脳への影響の出方が違います

スポンサーリンク

まとめ

炎上商法と言われてるので、反応はしたくないと思いましたが、出産って本当に大変で、一気に10歳くらい年取ったんじゃ無いかというくらい体力も落ちて辛かったです。

ですから、こんなこと安易にツイートして、産後うつは病気じゃないなんて広めないで欲しいなと個人的に思うのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする