近藤麻理恵「私はこんまりが嫌いだわ!」米著名作家の批判で炎上!

近藤麻理恵さんことこんまりさんを
Netflix番組に出演してから
海外でも話題になっていると紹介しましたが
アメリカの著名作家が
「私はこんまりが嫌いだわ!」と発言し
炎上している騒ぎになっています。

スポンサーリンク

どういった経緯なのか
確認してみました。

こんまりを批判した米著名作家とは?

こんまりさんに対して問題の
Tweetをしたのは
アメリカの著名作家
バーバラ・エーレンライクさん。

彼女は『NY Times』や『アトランティック』で
ジャーナリストとして活躍し、
彼女のホームページには
「社会的不正義や不平等に関する執筆活動」
「医療、平和、女性の権利、経済的不平等に関する運動」
などがライフワークに挙げられているという。

彼女はこうTweetしたらしいです。

“白状するわ:私はこんまりがきらいだわ。
なぜなら美的な感覚でいうと私は散らかってる側の
人間だからよ”

“彼女が日本語で話す事について:
大勢のアメリカ人視聴者に対して
英語で喋らなくても私は別にいいと思うけど、
彼女が英語を話さないことが
超大国としてのアメリカの衰退を
示唆してるのは間違いないわ”

このTweetがメディアにも
取り上げられたことから
多くの批判があがりました。

エーレンライクさんは結局謝罪した

自分のTweetにによって批判を受けた
エーレンライクさんは
「私のTweetで気分を害した方たち、ごめんなさい。
気の利いたユーモアを言いたかったんだけど
うまくいかない時もあるのね。」と謝罪。

まとめ

SNSで嫌いな人については
書かないほうが懸命かもしれませんね。

自分の感情に偏ってしまいヘイト表現に
なってしまいかも、と思います。

こちらの記事もおすすめ
こんまりの旦那や子供は?アメリカ移住や経歴詐称の噂はホント?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする