BiSHの解散理由なぜ?東京ドームの夢を叶えて嬉しいけど寂しいの声

出典元:ナタリー

“楽器を持たないパンクバンド”の女性6人組グループ、BiSHが2022年12月22日に解散日を発表し注目を集めていますね。

解散日は2023年6月29日。

東京ドームの夢を叶えて解散に清掃員(ファンの呼称)からは「嬉しいけど寂しい」という声が上がっています。

この記事では、

BiSHはなぜ解散してしまうのかネットの意見とともに紹介していきます。

スポンサーリンク

BiSHの解散理由なぜ?

出典元:スポニチ

2021年12月24日に放送された日本テレビ系で放送された『スッキリ』や緊急生配信ライブ「THiS is FOR BiSH」にて2023年には解散すると発表していたBiSH。

今回、東京ドームライブの決定とともに解散日を2022年6月29日と発表し、注目を集めていますね。

では、大いに人気のあるこのグループはなぜ解散してしまうのでしょうか?

BiSHの終わり方に関して所属事務所WACKがこだわっている

出典元:ORICON NEWS

BiSHのプロデューサーであるWACK代表取締役の渡辺淳之介さんは、BiSHの終わり方に対してとてもこだわりをもっていたそう。

人気絶頂の時に解散するというこだわりから2019年にはBiSHの解散についてメンバーに提案していたとのこと。

そして最終的にはメンバーで話し合い解散を決定したそうです。

話し合いの中で、「続けたい」「解散したくない」などの感情を無しでBiSHとしての終わり方は何が一番いいかで考えた末に解散することが一番いい終わり方だと決定したそうなのです。

スポンサーリンク

BiSH内の不仲が原因というわけではない

出典元:rockinon

よく、グループが解散する際には必ず言われる理由にあがってくるのがグループ内の不仲ですよね。

この動画の「解散だよ!解散!」というセントチヒロチッチさんの言い方がそう思わせているような部分もありますが、演技だろうと思います。

不仲説が出たりもしていましたが、ファンからすると仲がいいから地上波に出演した際ディスったりできるんだよという声があることからグループ仲は良いのだとわかりますね。

スポンサーリンク

BiSHの解散日決定にネットの反応は?

出典元:Thetv

BiSH解散の日が2023年6月29日決定。

ネットでは様々な声があがっています。

「東京ドームの夢が叶って嬉しい!」や「解散すると言ってたけど解散日が決まると寂しい」などの声が多かったです。

「解散しても応援し続ける」という声も本当に多く、これ程人気なのに本当に解散してしまうなんて切ない気持ちになりますね。

スポンサーリンク

BiSHの解散理由なぜ?東京ドームの夢を叶えて嬉しいけど寂しいの声のまとめ

出典元:ナタリー

BiSHはなぜ解散してしまうのかネットの意見とともに紹介してきました。

本当に解散してしまうのですね。

2021年の紅白にも出場を果たし、今が本当に人気絶頂だと思います。

BiSHの終わりは人気絶頂でというWACKのこだわりも本当にすごいですが、メンバーも話し合って決めたこと。

解散まであと半年、全力で応援したいですね!

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする