鈴木おさむのSMAP小説にキンプリも同じ状況や永瀬廉もラジオで台本可能性の声も

出典元:東洋経済

放送作家である鈴木おさむさんが執筆した小説『20160118』。

この小説『20160118』が、16年1月18日に放送された『SMAP×SMAP(スマスマ)』でSMAPメンバー5人が行った生謝罪を連想させる内容らしいとのこと。

2022年12月9日発売の「文藝春秋」2023年1月号(文藝春秋)と「文藝春秋 電子版」に掲載され、読んだ人達からかなりの反響があがっていると話題になっていますね。

そんな中、SMAPの生謝罪を連想させるこの小説を読んだ人たちから、キンプリの現在の状況とも重なるのでは?という声が。

この記事では、

・なぜこのタイミングでSMAPの生謝罪を連想させる小説を書いたのか

・キンプリもこの時のSMAPと同じ状況であるのか?

についてネットの意見と共に紹介していきます!

スポンサーリンク

鈴木おさむがSMAP生謝罪を小説家化!

出典元:ヤフーニュース

鈴木おさむさんが執筆した小説『20160118』が2022年12月9日発売の「文藝春秋」2023年1月号(文藝春秋)と「文藝春秋 電子版」に掲載され、かなり話題になっていますね。

小説の内容としては、『人気男性歌手グループの崩壊と再生、最後に一筋の希望を感じさせる物語』と紹介されていますが、「SMAPのことだとわかる」と声が溢れています。

鈴木氏は20年以上にわたり、「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の放送作家を担当した。物語は、2016年1月18日の謝罪生放送の舞台裏を想像させる。

出典元:文春オンライン

文春オンラインでも2016年1月18日の謝罪生放送の舞台裏を想像させると読者が小説を読む前から既にSMAPという言葉を出しているんですね。

このことで読み手はより一層この小説はSMAPの生謝罪の裏側が描かれているんだと感じるのかと思います。

そして小説を読んだとされる方、これから読むが何となくあらすじを掴んでいる方などは現状でもこの小説を取り扱うマスメディアが少ないことに疑問の声も上げていました。

出演者の「彼」に「残酷なセリフ」を言うよう、楽屋でお願いしたという展開も。また、「僕らはなぜその言葉を言わなければいけないのかを話さなかった。言えなかった」「その放送にスタッフとして、放送作家として参加した僕も戦犯である」など、意味ありげな一文が確認できる。

出典元:サイゾーウーマン

少しネタバレになりますが、文春オンラインにも抜粋されている内容なので紹介しました。

小説の中には出演者の1人である「彼」に「残酷なセリフとわかっていながら優しさに甘えた」との記述がありました。

その「彼」というのが草彅剛さんではないかと推測されています。

スポンサーリンク

鈴木おさむの小説でキンプリがSMAPの時と同じ状況の声

出典元:ヤフーニュース

SMAPの生謝罪を連想させる鈴木おさむさんの小説『20160118』。

その小説を読んだ人から「キンプリも同じ状況じゃない?」という声が上がっています。

鈴木おさむさんの小説を読んで「考えたり、動いたり、相談する時間を与えないのが事務所のやり方だと感じた」という声がありました。

SMAPの「スマスマ」での生謝罪を彷彿とさせる小説内でも放送作家として台本に関わったと書かれています。

その内容に、今回のキンプリの脱退や退所の発表の際も「台本があってそれを言わされたのでは?」とネットでは声があがっているのです。

そしてあの時のSMAPと今のキンプリの状況を重ねている人が多いなとネットの声を見ていて感じました。

スポンサーリンク

永瀬廉が庭ラジで脱退退所報道に言及も台本あったのでは?

出典元:THE TV

SMAPの生謝罪に台本があったことを知った小説を読んだ方からは、キンプリの脱退退所発表も台本あったのではと推測する声が上がっています。

それと同時に、脱退退所発表後に放送された2022年11月10日の「King&Prince永瀬廉のRadioGARDEN」でも台本があったのではという声上がっています。

2022年11月10日の庭ラジは事前に収録されたものが放送されました。

永瀬廉さんの言葉として発言していると思っていた方も多いと思います。

しかし台本が存在したという小説の内容から、このラジオも台本を読ませるために事前収録だったのでは?とネット上で話題になっているのです。

言葉に詰まりながら、時に涙し話していた永瀬廉さんの言葉を思い出すと台本ではなく、本人の言葉であったと思います。

しかし、SMAPの生謝罪を連想させる小説に台本があったとのことから、庭ラジにも台本の可能性を指摘する声があがってしまったのだと思われます。

スポンサーリンク

鈴木おさむのSMAP小説にキンプリも同じ状況や永瀬廉もラジオで台本可能性の声ものまとめ

出典元:NHK

この記事では、

・なぜこのタイミングでSMAPの生謝罪を連想させる小説を書いたのか

・キンプリもこの時のSMAPと同じ状況であるのか?

についてネットの意見と共に紹介してきました。

鈴木おさむさんの小説に対する反響がかなり大きいなと感じました。

キンプリの脱退退所発表の際も何となく本音ではないような感じや態度が散見されたため、FC動画を観た人からSMAPの時を思い出すという声は上がっていました。

キンプリの3人が退所した後も、テレビ局がジャニーズに忖度してテレビ露出が減るなどがないといいなと感じている人が多いのだなと思いました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする