神田沙也加は離婚しそうと言われていた原因は母親とのトラウマの所為!?

神田沙也加さんと村田充さんが離婚を発表しましたね。

神田沙也加さんは、12月4日にブログを更新して、「突然のご報告ではございますが、私、神田沙也加は、村田充さんと離婚しておりましたことをご報告いたします。」と発表しました。

2017年4月に結婚し、仲睦まじさもあっただけに、その離婚原因についてこの記事でまとめてみました。

スポンサーリンク

神田沙也加は当初から離婚しそうと言われていた?

2017年4月に、9歳年上の俳優である村田充さんと電撃婚しました。
その後、村田さんは病気療養に入りましたが、献身的にささえ、おしどり夫婦と言われてきました。

2019年6月に村田さんが約1年半ぶりに舞台復帰を果たし、夫婦での共演が実現した際には、2ショットをブログにアップするなど順風満帆であったように感じましたが、この頃には夫婦の関係にヒビが入っていたといいます。

しかし、結婚当初からすぐに離婚しそうだとの声はそれなりにありました、なぜすぐに離婚しそうと言われていたのでしょうか?

神田沙也加と村田充の離婚理由は電撃婚にあった?

母親と比べてしまうのも、違う話かもしれませんが、神田沙也加さんはいつも母親である松田聖子さんと比較されることが多分にありました。

松田聖子さんといえば「ビビビ婚」です。
交際2ヶ月の電撃婚だったと言われています。

しかし、「ビビビ婚」=電撃婚は離婚率が高いと言われています。
ですから、神田沙也加さんと村田充さんはすぐに離婚しそうだと言われていたのかもしれません。

スポンサーリンク

神田沙也加と村田充の離婚理由は何だったの?

では、二人の離婚理由はなんだったのでしょうか?

神田沙也加さんは、
「結婚以来、子供のことについてずっと話し合ってまいりましたが、折り合う答えを見つけることが出来ませんでした。何度も歩みよりを試みましたが、わたしは生きてきた環境の中で持った答えを変えられず、彼を幸せにすることが出来ないと思いました。その結果、別々の人生を歩むという結論に至りました。」とブログで発表しています。

神田沙也加さんは、以前から語っていましたが、松田聖子さんに母親らしいことをしてもらえず孤独な子供時代を送っていたとのことです。

その時に感じた寂しさや怒りなどが、大人になった今も心の中に傷として残っているのかもしれません。

また、以前テレビで「子供は欲しい」と語っていましたが、女性が子供を欲しいと思っていないと言うことで”母性がないのか?”などのバッシングにさらされることを懸念し、子供は欲しいと思っていると答えたのかもしれません。

まだまだ、女性が子供を持つ持たないを選択する事を声高に言うのは日本では難しいことなのを神田沙也加さんは感じていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

神田沙也加と村田充の離婚理由は実は不倫が原因だった!?

神田沙也加さんは今年の10月には、村田さんと住む自宅を出て別居を始めたそうですが、その後ジャニーズの秋山大河さんと不倫関係にあるのでは?と週刊誌に取材された事から、不倫が原因で実は離婚に至ったのでは?という噂も流れました。

しかし、円満に離婚したため別居するまでは離婚後もしばらく同居期間があり、別居した頃にはすでに離婚の手続きが終わっていた事から不倫が原因というわけではなかったようです。

週刊誌から記事掲載の連絡を受けた事により、このタイミングでの発表になったとも神田沙也加さんはブログにて公表しています。

まとめ

以上、神田沙也加さんと村田充さんの離婚について調べた結果を書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

離婚直後にもう彼が出来てるなんて少しびっくりしてしまいましたが、お互い前を向いて進んでいって欲しいですね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする