東山紀之のドラァグクイーン姿が児嶋一哉に似てると話題!画像で比較!

2020年12月7日〜2020年12月30日PARCO劇場にて、『チョコレートドーナツ』が舞台化されることが発表されましたね!
2021年1月からは長野、仙台、大阪、愛知もめぐる予定ということも同時に発表されました。

ゲイの男性が育児放棄された障害を持つ子供を育てた実話に着想を得て、制作された名作映画である『チョコレートドーナツ』が世界で初めて舞台化され、その主演を東山紀之さんが演じます。

東山紀之さんが演じる、ドラァグクイーンのルディ役の画像も発表されましたが、その画像がアンジャッシュの児嶋一哉さんにそっくりとネットの方でも話題になっていますね。

この記事では、

東山紀之さんが演じるルディと児嶋一哉さんにが本当に似ているのか画像で比較しながら、他のキャストや物語のあらすじについてなども紹介していきます。

スポンサーリンク

東山紀之のドラァグクイーン姿は児嶋一哉に似てる?

それでは最初に、ドラァグクイーン姿ではなく、素の状態の東山紀之さんとアンジャッシュ児嶋一哉さんを比較してみましょう。

出典元:https://thetv.jp/news/detail/140356/

出典元:https://m.crank-in.net/interview/37636/1

そして、次に発表されてるドラァグクイーン姿の東山紀之さんとアンジャッシュの児嶋一哉さんを比較してみましょう。

本当に、運命的なものを感じてしまいますね!

素顔の東山紀之さんと児嶋一哉さんは似ていると思った事がないのですが、こうやってドラァグクイーン姿になった東山紀之さんと比べると、児嶋一哉さんに似ているように思います。

『チョコレートドーナツ』の舞台を楽しみにされている方には本当に本当に!申し訳ないのですが、後少しだけ、お付き合いください。
ドラァグクイーン姿の東山紀之さんと女装姿の児嶋一哉さんを比べてみると、、、

やっぱり似ていますよね!
並べるなと怒られそうですが、似ていると思います!

スポンサーリンク

チョコレートドーナツのあらすじは?

『チョコレートドーナツ』は、ゲイの男性が育児放棄された障害児を育てる実話から着想を得て、映画化された物語でとても話題になりました。

悲劇的な結末ですが、この物語が社会的マイノリティが直面する問題を告発しつつ、愛と自由を求める人間の本質を描いていると、注目されての舞台化なのかと思います。

宮本亜門さん演出で舞台化されるので期待が高まりますね!

あらすじ

僕たちは忘れない。マルコと過ごした愛しい日々。

1979年、カリフォルニア。

シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。

正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。

母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。

世界の片隅で3人は出会った。

そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。

ポールがルディのために購入した録音機でデモテープを作り、ナイトクラブへ送るルディ。

学校の手続きをし、初めて友達とともに学ぶマルコ。

夢は叶うかに見えた。しかし、幸福な時間は長くは続かなかった。

ゲイであるがゆえに法と好奇の目にさらされ、ルディとポールはマルコと引き離されてしまう……。

血はつながらなくても、法が許さなくても、奇跡的に出会い深い愛情で結ばれる3人。

見返りを求めず、ただ愛する人を守るために奮闘する彼らの姿に我々は本物の愛を目撃する。

出典元:映画 チョコレートドーナツ

舞台チョコレートドーナツのキャストは?

ルディ:東山紀之

ポール:谷原章介

マルコ:高橋永/丹下開登(ダブルキャスト)

高畑淳子、モロ師岡、堀部圭亮、八十田勇一

3人以外がどの配役になるのかはまだ詳細は載っていませんでした。

チケットの一般販売は、2020年10月25日からとのことです。
詳細はこちらから確認してください。

東山紀之さん、谷原章介さんのコメントも発表されていましたので、紹介しておきますね。

<東山紀之 コメント>
この作品は苦しい状況の中でも“愛”や“希望”の為に必死に立ち向かう人間の姿を描いています。
私が演じるルディは、感情の起伏が激しいけれど、愛情深い人物なので、とても難しい役柄だと感じています。
宮本亞門さんが表現する世界観を楽しみながら全身全霊で演じたいと思います。
ルディとして、谷原さん演じるポールとダウン症のある少年マルコ役の高橋くん、丹下くんを最後まで愛し抜きます。
ドラァグクイーンのショーシーンでは様々なダンスを披露しますし、名曲の歌唱シーンもありますので、どうぞ楽しみにしていて下さい。
 

<谷原章介 コメント>
「チョコレートドーナツ」甘いタイトルですが切なくて悲しくも温かい物語。劇場で映画を観て大好きになった作品でした。
今回、東山さんのドラァグクイーン姿、踊り、歌、そして何よりダウン症のある役者さん高橋さん丹下さんとお芝居できることが楽しみ。亞門さんの演出が優しくそして暖かく皆を包み込んでくれる事間違いなしです。深いテーマはそこにありますが、まずは難しい事抜きにして楽しんでいただきたいと思います!

コメント出典元:https://stage.parco.jp/program/choco

スポンサーリンク

チョコレートドーナツが舞台化されると聞いたネットの反応は?

スポンサーリンク

まとめ

東京だけでなく、地方公演もあるとのことなので楽しみですね!

コロナ禍で、舞台などは密にならないように配慮しないといけなかったりと、準備する側も大変な思いをすると思いますが、少しずつ自分の好きな物を自由に楽しめる時間が戻ってくればいいなと願わずにはいられません。

もちろん、新型コロナ第二波、第三波がくれば延期になる可能性も十分ありますし、感染対策がしっかり出来ないのであれば感染者を出さないためにも換気しても密室になる舞台公演は避けるべきなのだと思います。

ですが日本中、各々が十分努力し、感染を広げないように頑張ってきたと思いますので、少しずつでも収束してほしいと願い、今までのように演劇を楽しみたいと思うのは私だけではないと思うので、本当に楽しみにしています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする