阿部渉の今後どうなる異動や退社の可能性は?アナウンサー業は絶望的か

出典元:ヤフーニュース

NHKのトップアナウンサー・阿部渉さんが文春から30代女性局員との局内不倫を報道され、かなり注目を集めていますね。

NHKラジオ第1「マイあさ!」(月~日曜午前5時)が2022年10月31日放送され、平日のキャスターを務める阿部渉さんの降板を発表し、今後どうなるのか話題になっています。

この記事では、

阿部渉さんの今後がどうなるのか異動や退社の可能性についてやネットの反応について紹介していきます。

スポンサーリンク

阿部渉の今後どうなる、異動や退社の可能性は?

出典元:文春オンライン

NHKの阿部渉アナウンサーの局内不倫の報道が文春でスクープされ、かなり話題になっていますね!

阿部渉さんの不倫内容をまとめてみました。

・阿部渉さんの不倫相手は30代女性局員(事実婚で内縁夫&子あり)
・阿部さんも既婚者である
・ホテルに時間差で入室や、偽名(佐川佐一郎)で予約など用意周到で2年続く不倫
・勤務時間内に密会していた可能性も
・文春報道前の2022年10月27日から”体調不良”で番組欠席
・2022年10月31日にラジオ降板発表

不倫報道があったのは2022年10月29日でしたが、阿部渉さんは2022年10月27日から体調不良という理由で番組を欠席していました。

2022年10月31日には、NHKラジオ第1「マイあさ!」で阿部渉さんの降板が伝えられましたが、今後どうなるのかも注目を集めています。

偽名を使ったり、勤務時間内にも密会をしていた可能性などもあり、アナウンサー業への復帰は絶望的であろうと言われていますが、どうなるのでしょうか。

阿部渉異動は免れずアナウンサー業は絶望的か

出典元:サンスポ

阿部渉さんと言えば、NHKの看板アナウンサーと言われる程で「エグゼクティブアナウンサー」という役職についています。

2021年の「東京2020パラリンピック開会式」では和久田麻由子アナと進行役を担当。

「NHKニュースおはよう日本」や「NHKニュース7」を歴任してきました。

また、「NHk紅白歌合戦」では白組司会を2001~2004年務め、2009~2011年には総合司会を担当。

本当にNHKで看板ともいうべき人物なので、不倫が事実であれば代償は大きいはずです。

「処分はこれからですが、少なくとも担当番組は全降板。アナウンス室から異動になることは間違いないでしょうね。局内では阿部アナの年齢的なことも考え『退社やむなし』という声も聞かれます」

出典元:東スポ

担当番組は全降板になるだろうと報道されているので、現在担当している番組は降板することになりそうですし、アナウンス室からの異動も免れないとのことです。

阿部渉さんの年齢が55歳であることから、年齢的に「退社やむなし」という厳しい声も囁かれているそうです。

公共放送のNHKは受信料で成り立っており、〝局内不倫〟が事実であれば、由々しき事態。NHKが最も恐れる受信料の〝未払い運動〟に発展してもおかしくない。

出典元:東スポ

この不倫が事実であれば、「受信料未払い運動」に発展しかねないので、処分はかなり厳しいとは思われます。

過去には不倫で懲戒免職になったNHK男性アナウンサーも

過去には不倫の末に懲戒免職になったNHK男性アナウンサーもいます。

伊瀬知成好アナ

・妻がいるにも関わらず静岡支局の女性と15年に及ぶ不倫関係(隠し子あり)
・別の既婚子持ち女子アナとも同時不倫状態
・不倫発覚後は妻と心中未遂を図る
・懲戒免職となる

斉藤孝信アナ

・早川美奈アナと不倫、2016年にワンボックスカーで密会がスクープされる
・2人とも報道が出る前に番組を降板
・斉藤孝信アナは退職せず異動、NHK放送文化研究所世論調査部に所属に

「NHKの看板アナともなると、知名度や影響力は並の芸能人の比ではない。」という報道もあるので、アナウンサー業に復帰というのは絶望的だと想像できます。

今回、勤務時間内に密会をしていた可能性も指摘されているので、退職に追い込まれることも十分可能性はあるのです。

スポンサーリンク

阿部渉の不倫や今後についてネットの反応は?

出典元:ヤフーニュース

人気のあるアナウンサーであっただけに、阿部渉さんの不倫に対しては厳しい声や残念だという声が多かったですね。

スポンサーリンク

阿部渉の今後どうなる異動や退社の可能性は?アナウンサー業は絶望的かのまとめ

阿部渉さんの今後がどうなるのか異動や退社の可能性についてやネットの反応について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

不倫が事実となれば、相当厳しい処分が待っていると思いますが、既に番組を降板しているので本人も認めている可能性は十分あります。

ネットの反応を見ると、今後アナウンサーとして復帰する事は難しいと誰もが思っているようですが、本当に人気があっただけに残念な気持ちの人が多かったですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする