映画 望み|公開いつまで?上映期間を予想

2020年10月9日から映画『望み』の公開が始まりますね。

雫井脩介さん原作の20万部超えのベストセラー小説の映画化で、読書家のためのブックレビューサイト「ブクログ」のアンケートで脅威の読者満足度100%を獲得した作品なので、映画を楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか?

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

公開期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画 望み公開はいつまで?

映画の公開開始は、2020年10月9日からです。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開されているのかこれといった決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除いて、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

映画『望み』もあくまで目安ですが、少なくとも11月中旬〜11月下旬くらいまでは上映されている可能性があると思われます。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回で尚かつ、朝早くの上映回だけだったり夜遅くの上映回だけだったりと、上映時間が限定されてしまったりするので注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫ですが、観たければ早めに映画館に足を運ぶのがベストでしょう。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりしますので、お住まいの地域の最寄りの映画館のホームページで確認するか、映画の公式ホームページのシアター情報で確認するのも良いですね。

スポンサーリンク

映画 望みあらすじは?

予告

あらすじ

一級建築士の石川一登とフリー校正者の妻・貴代美は、一登がデザインを手掛けた邸宅で、高一の息子・規士と中三の娘・雅と共に幸せに暮らしていた。

規士は怪我でサッカー部を辞めて以来遊び仲間がふえ、無断外泊が多くなっていた。

高校受験を控えた雅は、一流行合格を目指し、毎日塾通いに励んでいた。

冬休みのある晩、規士は家を出たきり帰らず、連絡すら途絶えてしまう。

翌日、一登と貴代美が警察に通報すべきか心配していると、同級生が殺害されたというニュースが流れる。

警察の調べによると、規士が事件へ関与している可能性が高いという。

さらには、もう1人殺されている可能性が高いという。

さらには、もう一人殺されているというウワサが広がる。

父、母、妹━━それぞれの〈望み〉が交錯する。

出典元:映画『望み』公式サイト

スポンサーリンク

映画 望みSNSでの反応は?

スポンサーリンク

まとめ

★映画の公開は2020年10月9日からになります。

★上映期間はあくまで目安になりますが、少なくとも11月中旬〜11月下旬くらいまでは公開されている可能性あり

★映画館のホームページで確認するのが確実。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする