映画 とんび|公開いつまで?上映期間を予想!

2022年4月8日から、映画『とんび』の公開が始まりますね。

NHKとTBS、2度にわたってドラマ化された注目の作品が映画化。

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

公開期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画 とんび公開はいつまで?

映画『とんび』の公開開始は、2022年4月8日からです。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開されているのかこれといった決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除いて、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

映画『とんび』もあくまで目安ですが、少なくとも2022年5月上旬〜5月いっぱいくらいまでは上映されている可能性があると思われます。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回で尚かつ、朝早くの上映回だけだったり夜遅くの上映回だけだったりと、上映時間が限定されてしまったりするので注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫ですが、観たければ早めに映画館に足を運ぶのがベストでしょう。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりしますので、お住まいの地域の最寄りの映画館のホームページで確認するか、映画の公式ホームページのシアター情報で確認するのも良いですね。

スポンサーリンク

映画 とんびあらすじは?

予告

あらすじ

日本一不器用な男・ヤスは、愛する妻・美佐子の妊娠にも上手く喜びを表せない。

幼い頃に両親と離別したヤスにとって、“家族”は何よりの憧れだった。

時は昭和37年、瀬戸内海に面した備後市。

アキラと名付けた息子のためにも、運送業者で懸命に働くヤスだったが、ようやく手にした幸せは、妻の事故死によって脆くも打ち砕かれる。

悲しみに沈むヤスだったが、人情に厚い町の人々に叱咤激励され、彼らの温かな手を借りてアキラを育ててゆく。

時は流れ、高校3年生になったアキラは、東京の大学を目指し合格を勝ち取る。

だが、別居の寂しさを素直に伝えられないヤスは、「一人前になるまで帰って来るな!」とアキラを突き放す。

そして昭和63年、久々に再会したヤスと大人になったアキラだったが──。

出典元:映画『とんび』公式サイト

キャスト

市川安男:阿部寛
市川旭:北村匠海
由美:杏
照雲:安田顕
幸恵:大島優子
広沢:濱田岳
尾藤社長: 宇梶剛士
萩本課長:尾美としのり
葛原:吉岡睦雄
トクさん: 宇野祥平
泰子:木竜麻生
健介:井之脇海
美月:田辺桃子
島野昭之:田中哲司
編集長:豊原功補
出版社守衛:嶋田久作
村田:村上淳
海雲:麿赤兒
市川美佐子:麻生久美子
たえ子:薬師丸ひろ子

スタッフ

原作:重松清『とんび』(角川文庫刊)
監督:瀬々敬久
脚本:港岳彦
主題歌:ゆず「風信子」
助監督:海野敦
制作担当:鈴木健太
協賛:ネッツトヨタ岡山、広島八谷建設、岡山県貨物運送、岡山ガス
後援:岡山県、広島県
特別協力:東京都トラック協会
配給:KADOKAWA、イオンエンターテイメント
制作プロダクション:ディグ&フェローズ
製作:「とんび」製作委員会

スポンサーリンク

映画 とんびSNSでの反応は?

まとめ

★映画『とんび』の公開は2022年4月8日からになります。

★上映期間はあくまで目安になりますが、少なくとも2022年5月上旬〜5月いっぱいくらいまでは公開されている可能性あり

★映画館のホームページで確認するのが確実。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする