スパイダーマン最新作ノーウェイホームを観る前に予習すべき作品は?

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が公開中ですが、まだ観ていないという方も多いのでは?

2022年1月7日から、映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の公開が始まりますね! トビー・マグワイアやアンドリュー・...

まだ観ていないという方の中には、予習が必要だと聞いたから躊躇しているという方もいらっしゃるかと思います。

この記事では、

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を観る前に、是非予習として観ておいた方がよい作品を紹介していきます。

スポンサーリンク

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームを観る前に最低でも予習しておいた方がいい作品は?

現在、既に公開されているためすぐにでも映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を観たいと思っている方がほとんどだと思います。

しかし、スパイダーマンは今作以外に、過去に『サム・ライミ版スパイダーマン』、『アメイジング・スパイダーマン』の2作品が存在しています。

今回、過去2作品のヴィランが登場するため、過去作品の物語を把握していないと楽しめないという声があります。

では、最低でもどれを予習として観ておけば最新作を楽しめるのでしょうか?


サム・ライミ版スパイダーマン3部作からのヴィランが出てくるから、絶対観ておいた方がいい!


アメイジング・スパイダーマンの1と2からのヴィランも登場するから、アメイジング・スパイダーマン2作も外せない!


現在の最新作(MCU版スパイダーマン)もトム・ホランドが主演になってから3作品目だから、1作目のスパイダーマン:ホームカミングや2作目のスパイダーマン:ファー・フロム・ホームを観ていないとそもそも話が通じなくて楽しめないよ。

最低これだけはと言っても結構ボリュームがありそうですよね。

まとめてみると、

・サム・ライミ版スパイダーマン3部作
・アメイジング・スパイダーマン2部作
・MCU版スパイダーマン過去2作品

計7作品を予習しておかないと、ヴィランがどのスパイダーマンの世界から来たのかわからないので楽しめないと言われています。

上記の順に観ていくのが、オススメです。

サム・ライミ版スパイダーマンが最初に公開されたスパイダーマンなので、サム・ライミ版スパイダーマンから観て、順を追っていくのがオススメの観かただと思います。

主人公のピーター・パーカー役がサム・ライミ版スパイダーマン、アメイジング・スパイダーマン、MCU版スパイダーマンで全く違います。

それぞれの世界が繋がってるわけではないので、面白そうだと思うシリーズから観ていっても良いかなと思います。

ただし、サム・ライミ版スパイダーマン1作目とアメイジング・スパイダーマン2作目、MCU版スパイダーマン2作目という風にまぜこちゃに観るのはオススメしません。

個人的には、現在公開されているスパイダーマンシリーズ(MCU版スパイダーマン)の予習だけでも楽しめないことはないと思います。

MCU版スパイダーマン過去2作品だけを観て、ヴィランを後から確認してみて「あぁ、これはこのスパイダーマンのヴィランだったのかぁ」でも良いかなと思っています。

早く公開中の作品を観たいのに7作品も見てられないよ~!という方は、直近の2作品でも十分かなというのが個人的な意見です。

過去作品をちゃんと把握してから観たいという方は、7作品予習してから映画館に最新作を観に行くのが良いかなと思います。

スポンサーリンク

スパイダーマン最新作をより一層楽しみたい方はこちらも予習!

スパイダーマン最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』をより一層楽しみたいという方は、もう少し予習してから観るのが断然オススメです!

というのも、スパイダーマン最新作には、ドクターストレンジが登場します。

いきなり観ても「この人誰?」となってしまうのです。

ドクターストレンジも含めた主要キャストやその設定も知っておきたい方は、『ドクターストレンジ』も観ておく方が良いでしょう。

他にも、アベンジャーズでどのようにスパイダーマンが関わっているかなどの設定も合わせて知っておくと、より一層楽しめます。

ですので、こちらの一覧をチェック・予習しておくと楽しめるかと思います。

本当にかなりボリュームがありますが、予習しておくとより一層楽しめると思いますよ!

スポンサーリンク

まとめ

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を観る前に、是非予習として観ておいた方がよい作品を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

スパイダーマンの物語ですので、スパイダーマン過去シリーズだけを観ておくだけでも十分予習になると思います。

映画の公開が終わってしまう前に、ぜひ予習してスパイダーマンを楽しんでください。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする