映画 貞子DX|公開いつまで?上映期間を予想!

2022年10月28日から、映画『貞子DX』の公開が始まりますね!

「見た者が必ず一定期間ののち死に至る」という“呪いのビデオ”の恐怖を描き、怨念がビデオを介して拡散されるという衝撃的な設定が世界中を震撼させた最恐ホラーの最新作です。

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

公開期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画 貞子DX公開はいつまで?

映画『貞子DX』の公開開始は、2022年10月28日からです。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開されているのかこれといった決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除いて、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

映画『貞子DX』もあくまで目安ですが、少なくとも2022年11月いっぱい〜12月中旬くらいまでは上映されている可能性があると思われます。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回で尚かつ、朝早くの上映回だけだったり夜遅くの上映回だけだったりと、上映時間が限定されてしまったりするので注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫ですが、観たければ早めに映画館に足を運ぶのがベストでしょう。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりしますので、お住まいの地域の最寄りの映画館のホームページで確認するか、映画の公式ホームページのシアター情報で確認するのも良いですね。

スポンサーリンク

映画 貞子DXあらすじは?

予告

あらすじ

“呪いのビデオ”を⾒た⼈が24時間後に突然死するという事件が全国各地で発⽣。

IQ200の天才⼤学院⽣・⼀条⽂華(⼩芝⾵花)は、テレビ番組で共演した⼈気霊媒師のKenshin(池内博之)から事件の解明を挑まれる。

呪いがSNSで拡散すれば人類滅亡と主張するKenshinに対し、「呪いなんてあり得ない」と断⾔する⽂華だったが、興味本位でビデオを⾒てしまった妹の双葉から⼀本の電話がかかってくる。

「お姉ちゃん助けて。あれからずっと⽩い服の⼈につけられてて……」 ⽂華は「すべては科学的に説明できる」と、⾃称占い師の前⽥王司(川村壱⾺)、謎の協⼒者・感電ロイド(⿊⽻⿇璃央)とともに、<呪いの⽅程式>を解明すべく奔⾛する。

しかし24時間のタイムリミットが迫る中、仮説は次々と打ち砕かれ――。

出典元:映画『貞子DX』公式サイト

キャスト

一条文華 – 小芝風花
前田王司 – 川村壱馬(THE RAMPAGE)
感電ロイド – 黒羽麻璃央
一条智恵子 – 西田尚美
一条双葉 – 八木優希
Kenshin – 池内博之
天道琉真 – 渡辺裕之

スタッフ

監督:木村ひさし
脚本:高橋悠也
世界観監修:鈴木光司
音楽:遠藤浩二
主題歌: 三代目 J SOUL BROTHERS「REPLAY」(rhythm zone)
スタジオ:角川大映スタジオ
配給・制作:KADOKAWA
製作:2022『貞子DX』製作委員会

スポンサーリンク

映画 貞子DX SNSでの反応は?

まとめ

★映画『貞子DX』の公開は2022年10月28日からになります。

★上映期間はあくまで目安になりますが、少なくとも2022年11月いっぱい〜12月中旬くらいまでは公開されている可能性あり

★映画館のホームページで確認するのが確実。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする