映画 ポケットモンスターココ|公開いつまで?上映期間を予想

2020年12月25日から、映画『劇場版ポケットモンスター ココ』の公開が始まりますね。

劇場版ポケモン映画、第23作目の作品となります。

今作では森を舞台に、ポケモンに育てられた少年ココと幻のポケモン・ザルードの親子関係を描いたストーリーとなっています。

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

公開期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画 公開はいつまで?

映画の公開開始は、2020年12月25日からです。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開されているのかこれといった決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除いて、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

映画『劇場版ポケットモンスター ココ』もあくまで目安ですが、少なくとも2021年1月いっぱい〜2月中旬くらいまでは上映されている可能性があると思われます。

前作、『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は興収29.8億円でした。

映画『劇場版ポケットモンスター ココ』も、初週の動員数が伸びれば、2021年2月いっぱいまで〜3月中旬くらいまで上映期間が延長する可能性も考えられます。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回で尚かつ、朝早くの上映回だけだったり夜遅くの上映回だけだったりと、上映時間が限定されてしまったりするので注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫ですが、観たければ早めに映画館に足を運ぶのがベストでしょう。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりしますので、お住まいの地域の最寄りの映画館のホームページで確認するか、映画の公式ホームページのシアター情報で確認するのも良いですね。

映画 劇場版ポケットモンスター ココあらすじは?

予告

あらすじ

本当の親子って?

育てるって何だ??

ポケモンと人間の、 ちょっと変わった親子の物語。

人里から遠く離れたジャングルの奥地。

厳しい掟で守られたポケモンたちの楽園、 オコヤの森があった。

そこで仲間たちと暮らしていた頑固者のザルードは、ある日、川辺で人間の赤ん坊を見つける。

「ニンゲン、これが……」見捨てられないザルードは、森の掟に反して、赤ん坊をココと名付け、群れを離れてふたりで暮らすことを決意する。

ポケモンが人間を育てる生活が始まって10年。

ココはオコヤの森にやってきたサトシとピカチュウに出会う。

初めてできた「ニンゲンの友達」。

自分のことをポケモンだと 信じて疑わなかったココの胸の中に、 少しずつ疑問が芽生え始める。

「父ちゃん、オレはニンゲンなの?」

自分はポケモンなのか?

それとも人間なのか?

悩むココだったが、ある日、招かれざる人間の足音が森に近づいてきて、平穏な日々が一変する――。

出典元:『劇場版ポケットモンスター ココ』公式サイト

キャスト

サトシ- 松本梨香
ピカチュウ- 大谷育江
ココ – 上白石萌歌
ムサシ- 林原めぐみ
コジロウ- 三木眞一郎
ニャース- 犬山イヌコ
ハナコ- 豊島まさみ
ゼッド博士 – 山寺宏一
カレン – 中川翔子
ザルード – 中村勘九郎
ナレーション- 堀内賢雄

スタッフ

原案 – 田尻智
エグゼクティブプロデューサー – 岡本順哉、片上秀長
プロデューサー – 下平聡士、内山雄太、關口彩香、川口類
アニメーションプロデューサー – 加藤浩幸
脚本 – 冨岡淳広、矢嶋哲生
キャラクターデザイン – 丸藤広貴
総作画監督 – 丸藤広貴、西谷泰史
音響監督 – 三間雅文
音楽 – 宮崎慎二
アニメーション制作 – OLM
監督 – 矢嶋哲生
配給 – 東宝
製作 – ピカチュウプロジェクト

映画 劇場版ポケットモンスター ココSNSでの反応は?

まとめ

★映画の公開は2020年12月25日からになります。

★上映期間はあくまで目安になりますが、少なくとも2021年1月いっぱい〜2月中旬くらいまでは公開されている可能性あり
(今作もヒットすれば2021年2月いっぱい〜3月中旬くらいまでは延長する可能性)

★映画館のホームページで確認するのが確実。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする