映画 羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)|公開いつまで?上映期間を予想

2020年11月7日から映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』の日本語吹き替え版が公開されますね。

この作品は日本でも2019年9月に字幕で公開され、上映直後から高い評価を得ていたので、今回拡大公開として日本語吹き替え版が上映されることになりました。

SNSでも2019年に字幕で観た人たちが「オススメ!」、「絶対見て欲しい~、面白いから!」と太鼓判を押すコメントが多く、注目されています。

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

公開期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画 羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来公開はいつまで?

映画の公開開始は、2020年11月7日からです。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開されているのかこれといった決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除いて、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』もあくまで目安ですが、少なくとも12月上旬〜12月下旬くらいまでは上映されている可能性があると思われます。

2019年に字幕で公開された時も、上映直後から高い評価を得た作品で、注目されているので、初週の興行成績によっては、上映期間が延長することも十分考えられます。

上映期間延長の際も、あくまで目安になりますが、1月中旬~1月いっぱいくらいまでは上映されている可能性はあるかと思います。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回で尚かつ、朝早くの上映回だけだったり夜遅くの上映回だけだったりと、上映時間が限定されてしまったりするので注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫ですが、観たければ早めに映画館に足を運ぶのがベストでしょう。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりしますので、お住まいの地域の最寄りの映画館のホームページで確認するか、映画の公式ホームページのシアター情報で確認するのも良いですね。

映画 羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来のあらすじは?

予告

あらすじ

人間たちの自然破壊により、多くの妖精たちが居場所を失っていた。

森が開発され、居場所を失った黒ネコの妖精シャオヘイ。

そこに手を差し伸べたのは同じ妖精のフーシーだった。

フーシーはシャオヘイを仲間に加え、住処である人里から遠く離れた島へと案内する。

その島に、人間でありながら最強の執行人ムゲンか現れる。

フーシーたちの不穏な動きを察知し、捕えにきたのだ。

戦いの中、シャオヘイはムゲンに捕まってしまう。

なんとか逃れたフーシーたちはシャオヘイの奪還を誓い、かねてから計画していた「ある作戦」を始める。

一方、ムゲンはシャオヘイとともに、人と共存する妖精たちが暮らす会館を目指す。

シャオヘイは、新たな居場所を見つけることができるのか。

そして、人と妖精の未来は、果たして━━━

出典元:映画『ロシャオヘイ戦記』公式サイト

映画 羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来SNSでの反応は?

まとめ

★映画の公開は2020年11月7日からになります。

★上映期間はあくまで目安になりますが、少なくとも12月上旬〜12月下旬くらいまでは公開されている可能性あり(上映期間が延長された場合は、1月中旬~1月いっぱいくらいまで公開される可能性あり)

★映画館のホームページで確認するのが確実。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする