映画 ハウ(2022)|公開いつまで?上映期間を予想!

 

2022年8月19日から、映画『ハウ(2022)』の公開が始まりますね!

映画と小説の同時展開を行う「ハウ」プロジェクトの映画作品です。

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

公開期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画 ハウ(2022)公開はいつまで?

映画『ハウ(2022)』の公開開始は、2022年8月19日からです。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開されているのかこれといった決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除いて、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

映画『ハウ(2022)』もあくまで目安ですが、少なくとも2022年9月下旬〜10月上旬くらいまでは上映されている可能性があると思われます。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回で尚かつ、朝早くの上映回だけだったり夜遅くの上映回だけだったりと、上映時間が限定されてしまったりするので注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫ですが、観たければ早めに映画館に足を運ぶのがベストでしょう。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりしますので、お住まいの地域の最寄りの映画館のホームページで確認するか、映画の公式ホームページのシアター情報で確認するのも良いですね。

スポンサーリンク

映画 ハウ(2022)あらすじは?

予告

あらすじ

婚約者にあっさりフラれ、人生最悪な時を迎えていた市役所職員・赤西民夫(田中圭)。

横浜で一人空虚な日々を送る彼は、上司からの勧めで、飼い主に捨てられて保護犬になってしまった真っ白な大型犬を飼うことになってしまう。

犬はワンと鳴けず「ハウッ」というかすれた声しか出せない。

とびっきり人懐っこいこの犬を、民夫は“ハウ”と名付け、1人と1匹の優しくて温かい日々が始まった。

民夫にとって最初は戸惑うことも多かったハウとの暮らしだったが、何をするにもいつも一緒な“ふたり”の絆は次第に深まり、いつしかかけがえのない存在となっていった。

ハウと民夫の最高に幸せな時間はずっと続くと思っていたのだが…。

そんな時、突然ハウが姿を消す。

あらゆる手段を尽くしてハウを探す民夫だが、無情にも「ハウによく似た白い大型犬が事故死した」という情報がもたらされる。

しかし、横浜から遠く離れた北の地でハウは生きていた!

偶然のアクシデントが重なり、ハウは青森まで運ばれてしまったのだ。

ハウは、大好きな民夫の声を追い求め、「もう一度、君に会いたい」という一心で青森から横浜、798キロの道のりを目指す。

民夫はハウがいないという現実に苦しみもがきながらも、少しずつ向き合おうとする。

民夫のそばで優しく寄り添う同僚の足立桃子(池田エライザ)の支えもあり、皆それぞれに悲しみを抱えながら生きていくことを学んでゆく。

一方、ハウは民夫を探して走る道中で、悩みや孤独、悲しみを抱えた人たちと出会う。

震災の風評被害に心を痛める女子中学生の麻衣(長澤樹)。

愛する夫(石橋蓮司)を亡くし、ひとりで傘屋を営む老女・志津(宮本信子)。

深刻なDV被害に遭い、修道院のシェルターに保護された若い女性・めぐみ(モトーラ世理奈)。

彼女たちに寄り添い心を癒していく。

出典元:映画『ハウ(2022)』公式サイト

キャスト

赤西民夫:田中圭
足立桃子:池田エライザ
鍋島史郎:野間口徹
鍋島麗子:渡辺真起子
森下めぐみ:モトーラ世理奈
朝倉麻衣:長澤樹
ナレーション:石田ゆり子
関根次郎:石橋蓮司
関根志津:宮本信子

スタッフ

原作:斉藤ひろし『ハウ』(朝日文庫)
監督:犬童一心
脚本:斉藤ひろし、犬童一心
音楽:上野耕路
主題歌:GReeeeN「味方」(ユニバーサル ミュージック)
製作:小西啓介、村松秀信、森田圭、木原康博、中田しげる、山本正典、渡辺章仁、田中祐介、犬童みのり、福田剛紀、檜原麻希、五十嵐淳之
企画・プロデュース:小池賢太郎
プロデューサー:丸山文成、柳迫成彦
助監督:安達耕平
制作担当:古森正泰
協賛:いなばペットフード
配給:東映
企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
プロダクション協力:東映東京撮影所
製作幹事:ハピネットファントム・スタジオ、東映
製作:「ハウ」製作委員会

スポンサーリンク

映画 ハウ(2022)SNSでの反応は?

まとめ

★映画『ハウ(2022)』の公開は2022年8月19日からになります。

★上映期間はあくまで目安になりますが、少なくとも2022年9月下旬〜10月上旬くらいまでは公開されている可能性あり

★映画館のホームページで確認するのが確実。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする