映画 大怪獣のあとしまつ|公開いつまで?上映期間を予想!

2022年2月4日から、映画『大怪獣のあとしまつ』の公開が始まりますね!

怪獣の死骸の処理を引き受けることになった者たちの姿を描く作品であり、個人的にはとても興味深いと思っています。

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

公開期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画 大怪獣のあとしまつ公開はいつまで?

映画『大怪獣のあとしまつ』の公開開始は、2022年2月4日からです。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開されているのかこれといった決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除いて、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

映画『大怪獣のあとしまつ』もあくまで目安ですが、少なくとも2022年3月中旬〜3月いっぱいくらいまでは上映されている可能性があると思われます。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回で尚かつ、朝早くの上映回だけだったり夜遅くの上映回だけだったりと、上映時間が限定されてしまったりするので注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫ですが、観たければ早めに映画館に足を運ぶのがベストでしょう。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりしますので、お住まいの地域の最寄りの映画館のホームページで確認するか、映画の公式ホームページのシアター情報で確認するのも良いですね。

スポンサーリンク

映画 大怪獣のあとしまつあらすじは?

予告

あらすじ

人類を未曽有の恐怖に陥れた大怪獣が、ある日突然、死んだ。

国民は歓喜に沸き、政府は怪獣の死体に「希望」と名付けるなど国全体が安堵に浸る一方で、河川の上に横たわる巨大な死体は腐敗による体温上昇で徐々に膨張が進み、ガス爆発の危機が迫っていることが判明。

「誰があとしまつするの?」

大怪獣の死体が爆発し、漏れ出したガスによって周囲が汚染される事態になれば国民は混乱し、国家崩壊にもつながりかねない。

終焉へのカウントダウンは始まった。

しかし、首相や大臣らは「大怪獣の死体処理」という 前代未聞の難問を前に、不毛な議論を重ね右往左往を繰り返すばかり・・・。

「なぜ、私がゴミ処理の責任者に?」

絶望的な時間との闘いの中、国民の運命を懸けて死体処理という極秘ミッションを任されたのは、 数年前に突然姿を消した過去をもつ首相直轄組織・特務隊の隊員である帯刀アラタだった。

そして、この死体処理ミッションには環境大臣の秘書官として、アラタの元恋人である雨音ユキノ(土屋太鳳)も関わっていた。

果たして、アラタは爆発を阻止し、大怪獣の死体をあとしまつできるのか!?

そして彼に託された本当の〈使命〉とは一体―!?

出典元:映画『大怪獣のあとしまつ』公式サイト

キャスト

帯刀 アラタ – 山田涼介
雨音 ユキノ – 土屋太鳳
雨音 正彦 – 濱田岳
敷島 征一郎 – 眞島秀和
蓮佛 紗百合 – ふせえり
杉原 公人 – 六角精児
竹中 学 – 矢柴俊博
川西 紫 – 有薗芳記
椚 山猫- SUMIRE
道尾 創 – 笠兼三
甘栗 ゆう子 – MEGUMI
五百蔵 睦道 – 岩松了
中島 隼 – 田中要次
ユキノの母 – 銀粉蝶
中垣内 渡 – 嶋田久作
財前 二郎 – 笹野高史
真砂 千 – 菊地凛子
サヨコ – 二階堂ふみ
武庫川 電気 – 染谷将太
八見雲 登 – 松重豊
ブルース / 青島 涼 – オダギリジョー
西大立目 完 – 西田敏行

スタッフ

監督・脚本:三木聡
音楽:上野耕路
エグゼクティブプロデューサー:吉田繁暁、木村光仁
企画・プロデュース:須藤泰司、古久保宏子
プロデューサー:中居雄太、山尾海彦
プロダクション統括:木次谷良助
製作プロダクション:東映東京撮影所
製作幹事・配給:松竹、東映
製作:「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

スポンサーリンク

映画 大怪獣のあとしまつSNSでの反応は?

まとめ

★映画『大怪獣のあとしまつ』の公開は2022年2月4日からになります。

★上映期間はあくまで目安になりますが、少なくとも2022年3月中旬〜3月いっぱいくらいまでは公開されている可能性あり

★映画館のホームページで確認するのが確実。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする