映画 青くて痛くて脆い|公開いつまで?上映期間を予想


2020年8月28日から映画『青くて痛くて脆い』の公開が始まりますね!

『君の膵臓をたべたい』を出版し、ベストセラー作家となった住野よるさんの作品で、個人的には『青くて痛くて脆い』は対比になっているような作品だなと思っています。

現在人気で引っ張りだこの俳優、吉沢亮さんと2020年後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」にも主演が決まっている、杉咲花さんのW主演になっています。

最後には「あ!」っとなるような物語で原作はスルスルと読んでしまいました。

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

公開期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画 青くて痛くて脆い公開はいつまで?

映画の公開開始は、2020年8月28日からです。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開されているのかこれといった決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除いて、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

映画『青くて痛くて脆い』もあくまで目安ですが、少なくとも9月いっぱい〜10月中旬くらいまでは上映されている可能性があると思われます。

最近人気で引っ張りだこの俳優である吉沢亮さんが出演していますので、ヒットすれば上映期間が延長することも考えられます。

その場合もあくまで目安ですが、10月いっぱいまで〜11月中旬くらいまで上映期間が延長される可能性もあります。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回で尚かつ、朝早くの上映回だけだったり夜遅くの上映回だけだったりと、上映時間が限定されてしまったりするので注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫ですが、観たければ早めに映画館に足を運ぶのがベストでしょう。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりしますので、お住まいの地域の最寄りの映画館のホームページで確認するか、映画の公式ホームページのシアター情報で確認するのも良いですね。

スポンサーリンク

映画 青くて痛くて脆いあらすじは?

予告

あらすじ

人付き合いが苦手で、
常に人と距離をとろうとする大学生・田端楓と
空気の読めない発言ばかりで
周囲から浮きまくっている秋好寿乃。

ひとりぼっち同士の2人は
磁石のように惹かれ合い
秘密結社サークル【モアイ】を作る。

モアイは「世界を変える」という
大それた目標を掲げ
ボランティアやフリースクールなどの
慈善活動をしていた。
周りからは理想論と馬鹿にされながらも、
モアイは楓と秋好にとっての
“大切な居場所”となっていた。
しかし秋好は“この世界”から、
いなくなってしまった…。

秋好の存在亡き後
モアイは社会人とのコネ作りや
企業への媚売りを目的とした
意識高い系の
就活サークルに成り下がってしまう。

変わり果てた世界。
取り残されてしまった楓の怒り、憎しみ、
すべての歪んだ感情が暴走していく……。
アイツらをぶっ潰す。
秋好を奪ったモアイをぶっ壊す。
どんな手を使ってでも……。

楓は、秋好が叶えたかった夢を取り戻すために
親友や後輩と手を組み
【モアイ奪還計画】を企む。
青春最後の革命が、いま始まる―― 。
 
 
出典元:https://aokuteitakutemoroi-movie.jp/sp/story.html

スポンサーリンク

映画 青くて痛くて脆いSNSでの反応は?

スポンサーリンク

まとめ

★映画の公開は2020年8月28日からになります。

★上映期間はあくまで目安になりますが、少なくとも9月いっぱいくらいまで〜10月中旬くらいまでは公開されている可能性あり
(ヒットすれば10月いっぱいまで〜11月中旬くらいまでは延長する可能性)

★映画館のホームページで確認するのが確実。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする