映画 アキラとあきら|公開いつまで?上映期間を予想!

2022年8月26日から、映画『アキラとあきら』の公開が始まりますね!

2017年にWOWWOWでテレビドラマとして放送された、井戸田潤さん原作の小説が映画になって登場!

この記事では映画が、

いつから公開されるのか?

いつまで公開されるのか?

公開期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画 アキラとあきら公開はいつまで?

映画『アキラとあきら』の公開開始は、2022年8月6日からです。

大抵の映画は公開日が決まっていますが、いつまで公開されているのかこれといった決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除いて、上映期間の平均はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度と言われています。

映画『アキラとあきら』もあくまで目安ですが、少なくとも2022年9月いっぱい〜10月中旬くらいまでは上映されている可能性があると思われます。

ヒットすれば、2022年10月下旬くらいまで上映期間が延長する可能性も考えられます。

公開終了が近くなると、公開終了間近の注意書きがされたり、1日1回で尚かつ、朝早くの上映回だけだったり夜遅くの上映回だけだったりと、上映時間が限定されてしまったりするので注意が必要です。

1日の上映回数が多ければ、公開期間に猶予があると考えて映画鑑賞の予定を立てても大丈夫ですが、観たければ早めに映画館に足を運ぶのがベストでしょう。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあったりしますので、お住まいの地域の最寄りの映画館のホームページで確認するか、映画の公式ホームページのシアター情報で確認するのも良いですね。

スポンサーリンク

映画 アキラとあきらあらすじは?

予告

あらすじ

父親の経営する町工場が倒産し、幼くして過酷な運命に翻弄されてきた山崎瑛〈アキラ〉。

大企業の御曹司ながら次期社長の椅子を拒絶し、血縁のしがらみに抗い続ける階堂彬〈あきら〉。

運命に導かれるかのごとく、日本有数のメガバンクに同期入社した二人は、お互いの信念の違いから反目し合いながらも、ライバルとしてしのぎを削っていたが、それぞれの前に〈現実〉という壁が立ちはだかる。

〈アキラ〉は自分の信念を貫いた結果、左遷され、〈あきら〉も目を背け続けていた階堂家の親族同士の骨肉の争いに巻き込まれていく。

そして持ち上がった階堂グループの倒産の危機を前に、〈アキラ〉と〈あきら〉の運命は再び交差する ‒‒

出典元:映画『アキラとあきら』公式サイト

キャスト

山崎瑛 – 竹内涼真
階堂彬 – 横浜流星
階堂龍馬 – 髙橋海人(King & Prince)
水島カンナ – 上白石萌歌
階堂崇 – 児嶋一哉
工藤武史 – 満島真之介
保原茂久 – 塚地武雅
井口雅信 – 宇野祥平
階堂聡美 – 戸田菜穂
山崎孝造 – 杉本哲太
山崎淑子 – 酒井美紀
井口由子 – 馬渕英里何
羽根田一雄 – 奥田瑛二
階堂一磨 – 石丸幹二
階堂晋 – ユースケ・サンタマリア
不動公二 – 江口洋介

スタッフ

原作:池井戸潤『アキラとあきら』(集英社文庫刊)
監督:三木孝浩
脚本:池田奈津子
音楽:大間々昂
主題歌:back number「ベルベットの詩」(UNIVERSAL SIGMA)
製作:石垣裕之、松岡宏泰
共同製作:堀義貴、藤下良司、弓矢政法、瓶子吉久、久保雅一、池井戸潤、奥村景二、渡辺章仁、五老剛
エグゼクティブプロデューサー:臼井央
企画・プロデュース:青木泰憲
プロデューサー:馮年、大瀧亮、加茂義隆、川田尚広
プロダクション統括:會田望
助監督:サノキング
配給:東宝
制作プロダクション:TOHOスタジオ
製作:「アキラとあきら」製作委員会(WOWOW、東宝、ホリプロ、スターダストプロモーション、ジェイアール東日本企画、集英社、小学館、オフィスIKEIDO、日本出版販売、ローソンエンタテインメント、朝日新聞社)

スポンサーリンク

映画 アキラとあきらSNSでの反応は?

まとめ

★映画『アキラとあきら』の公開は2022年8月26日からになります。

★上映期間はあくまで目安になりますが、少なくとも2022年9月いっぱい〜10月中旬くらいまでは公開されている可能性あり
(ヒットすれば2022年10月下旬くらいまでは延長する可能性)

★映画館のホームページで確認するのが確実。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする