映画 ぼくらの7日間戦争|公開いつからいつまで?

12月13日から劇場アニメ『ぼくらの7日間戦争』の公開が始まります。

この作品は、1985年4月に発行され、1988年に映画化された宗田理の「ぼくらの七日間戦争」を、舞台を原作から約30年後の令和である2020年の北海道へと移し、アニメーション作品として生まれ変わらせた劇場アニメという形になっています。
宮沢りえの女優デビュー作でもあります。

監督は「ドリフェス!」などの話題作を手がけてきた村野祐太、脚本は映画「ブレイブストーリー」や「コードギアス」などのアニメ大作を執筆してきた大河内一楼が務めています。

この記事では映画が、

いつから公開になるのか?

いつまで公開しているのか?

上映期間の目安を、あらすじを交えながら紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

映画 ぼくらの7日間戦争の公開はいつまで?

映画の公開開始は、12月13日からになります。

大抵の映画は公開日は決まっていますが、いつまで公開しているかに関しては、これと言った決まりがありません。

しかし、一般的に期間限定と言われている映画を除けば、だいたい1ヶ月〜1ヶ月半程度が上映期間の平均となっています。

以上のことを踏まえて、
『ぼくらの7日間戦争』の公開期間は、あくまで目安になりますが、1月13日前後まで〜1月下旬くらいまでの可能性が予想されます。

公開終了が近づくと、1日1回上映で尚かつ、朝早くからの上映回か夜遅くからの上映回に限定されてしまったり、公開終了間近の注意書きがされたりするので、それで公開の終了が近づいていることを知ることもできるでしょう。

1日の上映回数が多ければ、映画鑑賞の予定を立てるのに猶予があると考えて良さそうです。

地域によっては、
公開期間にバラつきがあると思うので、自分がお住まいの地域の最寄りの映画館のホームページか映画の公式ホームページのシアター情報から確認するのが確実かと思います。

スポンサーリンク

映画 ぼくらの7日間戦争のあらすじは?

予告

あらすじ

いつもひとりで本ばかり読んでいる、鈴原守。

相手といえば、同じ歴史マニアが集うチャットのメンバー。

「青春時代は、人生の解放区よ」。

平均年齢還暦越えと思われるその場所で、今日もメンバーの一人が、恋に悩む守にからかい半分のエールをくれた。

片思いの相手は、お隣に住む幼馴染の千代野綾。

しかし綾は、議員である父親の都合で東京へ引っ越すことを迫られていた。

しかも、いきなり一週間後。

それは守が密かにプレゼントを用意していた彼女の誕生日の目前だった。 

「せめて、17歳の誕生日は、この街で迎えたかったな」。

やり場のない綾の本音を聞き、守は思い切って告げる。
「逃げましょう……っ!」。

 

綾の親友・山咲香織をはじめ、明るく人気者の緒形壮馬、ノリのいい阿久津紗希、秀才の本庄博人までもがこの逃避行に加わり、駆け落ちを夢見ていた守は拍子抜けするが、特別な夏の始まりには違いなかった。

もはや観光施設にも使われていない古い石炭工場を秘密基地に、ただ7日間、大人から隠れるだけのバースデー・キャンプ。

それは、少年たちの精一杯の反抗だった。立坑櫓たてこうやぐらから屋上へと登れば、どこまでも高く広がる空が、彼らを迎えた。

 

だが、その夜、工場に潜んでいたタイ人の子供・マレットと出会ったことで、事態は想像もしなかった方向へ向かう。

不法滞在で入国管理局に捕らわれかけていた所を間一髪助けると、はぐれた家族を探しているのだと、守たちに打ち明けた――

 

2日目の朝、今度は武装した入国管理局の職員が、マレットを連れ去りにハンマーを振りかぶり工場へ突入してきた。守は、仲間たちの協力のもと、敵の撃退作戦を決行する!

出典元:http://7dayswar.jp/introduction/

この作品は”ぼくらの”シリーズとして小説がいくつか出ています。
シリーズのテーマとでもある”大人への挑戦”と”ユーモラスな戦い”を描くことを条件に、今回宗田さんは劇場アニメ化を快諾したとのことです。

そしてこの劇場アニメの中で、実写版中山ひとみを演じた宮沢りえさんが、約30年後の中山ひとみを再び演じているのも大変興味深く感じますね。

映画 ぼくらの7日間戦争のSNSでの反応は?

SNSでの劇場アニメ『ぼくらの7日間戦争』の反応もあげておきますね!

まとめ

★映画の公開は、12月13日からになります

★映画の上映期間は、あくまで目安になりますが、1月13日前後まで〜1月下旬くらいまでの可能性と考えられます

★映画館のホームページで確認するのが確実!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする